categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryカフェ

1950年代のインテリアが素敵なカフェ「カーバ・カヴァールナ」

trackback0  comment0
プラハのアンティークショップでは、よく1890年代から1930年代のアンティークが売られているのを、よく見かけますが、今回ご紹介するカフェ「Kaaba Kavarna」には、オーナーの「1958年頃のブリュッセル・スタイルのカフェを開きたい」という思いから、オーナーがチェコ中から集めた50年代の家具が置かれています。
パステルカラーでまとめられた店内に、その様々な椅子や、テーブルがしっくりと溶け込んで、とてもくつろげます。
インテリアに興味がある方は、是非一度訪れてみてください。カプチーノの味も絶品でしたよ。
ナムスティミルの近くのイタリア通りと、マネソヴァ通りの交わる角にあります。住所は、Manesova20 プラハ2区。営業時間は、朝8時~夜10時。
外観
渋谷の裏道にあるような?カフェ。
内装
ひとつ貰っていきたいようなアンティークの置物がずらり。
インテリア
このカフェは、プラハのカフェの中では、異色の存在かもしれませんね。
スポンサーサイト

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/82-8543316c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。