categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

プラハを見下ろすジシュコフの巨大な騎馬像

trackback0  comment1
お気づきの方もいるかもしれませんが、プラハの東の方角に目をやると、丘と白い建物と黒い像が見えます。これも、マミンカが気になって仕方がなかったもののひとつなのですが、この丘は、1420年7月14日にヤン・ジシュカJan Zizka(1370頃~1429年)率いるフス教徒軍と、きおのドイツ皇帝ジギスムントSigismundの十字軍との戦いがあった場所です。何千という十字軍の兵に対し、ジシュカ(独眼だったそうです)は、少数の兵を率いてみごと勝利を収めました。この丘があったあたりは、1877年にヴィートコフ(Vitkov)からジシュカの名にちなんでジシュコフ(Zizkov)と地名が変更されました。またジシュカの活躍を記念するとともに、第一次世界大戦の犠牲者を悼む目的で、1920年代に記念碑と国民記念館が建てられました。1950年代には彫刻家Bohumil Kafkaにより、高さ9mの世界最大の騎馬像が作られました。白い建物の国民記念館は、チェコスロバキア国民の独立のための奮闘を記念するためのものでしたが、その後共産主義の指導者たちの墓所となりました。今後、この記念館をどのように使用するかは未定ということです。
像

スポンサーサイト

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

 
デカっっ!!!!!!
おっきーヨネ、この像。
初めて見た時は「この像がたおれてきたら...。」って、ちょっとこわかったデスv-388e-263









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/65-c83bc20b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。