categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

ケプラー、ドボルジャークが住んでいた家

trackback0  comment0
これまで、プラハを歩いていて、街角に有名人らしき人の胸像が建物に取り付けられているのを数多く見てきました。そのうち、偶然カプロヴァ(Kaprova)通りからマリアンスケ(Marianske)広場へ通じるパサージュに、ケプラーが住んでいた家があるのを見つけました。ケプラーは、ルドルフ2世(1576~1611年)が1583年にプラハを再び神聖ローマ帝国の首都として栄えた時代に、ドイツから移り住んできていました。
ドボルジャーク(1841~1904年)は、中央ボヘミアのネラホゼヴェスで肉屋の息子として生まれましたが、1857年からプラハのオルガン学校で学び、卒業。その後、プラハではオルガン奏者、作曲家として活躍、1884年からイギリス演奏旅行、1892~1895年にはアメリカに渡り、音楽院長を務めました。1895年にプラハに戻り、1901年にはプラハ音楽院の院長となりました。おそらくこの頃と思われる、ドボルジャークの家がムゼウム駅近くのジトナ(Zitna)通りの古ぼけたビルにあったことを、ドボルジャーク博物館の資料から知りました。
また、この他にも、ナ・ブシコペ通りには、「バビチカ」(おばあさん)という小説を書いたチェコの最も有名な女流作家のひとりであるBネモツヴァーの碑板がつけられています。「バビチカ」は、数年ごとに挿絵を変えて出版されていて、マミンカはヴァーツラフ・シュパーラの挿絵が入ったものが欲しくて探していますが、まだシュパーラの展覧会や工芸博物館でしかお目にかかっていません。
表示
ケプラーが住んでいたことを示すパネル
家
この界隈にケプラーの家があったらしいのですが。
ドボルジャークの家
ジトナZitna通りのドボルジャークの家

ネモツバーの碑板
ナプシコペ通りの銀行の建物にあるBネモツヴァーの碑板。
スポンサーサイト

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/62-fdddb809
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。