categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category建築

レトナ公園の上に立つベルギー万博記念建築

trackback0  comment0
パリ通りからメトロノーム(1960年代までスターリンの像があった場所)の方を見て、少し右に目を移すと、下のような美しいガラス貼りの建物が目に飛び込んできます。これは、1958年にベルギーのブリュッセルでグランプリを受賞したチェコのパビリオンの一部で、ブリュッセルスタイルと呼ばれています。万博後にここに移築されました。当時はレストランに使われたので、建物の下にレストラン’58と刻まれているのが確認できます。数年前、レストランがあるかと思って、出かけましたが、当時はEU関係の事務所が入っているだけでした。1991年の火災で内装は焼け落ちてしまったそうですが、今はすっかり修復され、広告会社の事務所となっています。2004年にプラハで開催されたカウパレードにエントリーされていた牛もいます。
レトナ公園には、野鳥が数多く住んでいるようで、今日も美しい鳥を見かけました。巣箱のえさをちゃっかりいただいているりすにも出会ました。ペトシーンの丘ももちろん素敵ですが、かわいい野鳥を見ながらレトナ公園を散策するのもお勧めです。全景

牛

りす

階段

スポンサーサイト

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/38-21408917
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。