categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

「ミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル」に再びプラハが登場

trackback0  comment0
すっかりご無沙汰していました。マミンカです。
何度か更新しようとは試みたのですが、プライベートな出来事に翻弄されたり、プラハの話題がなかなか見つからなかったりで、ブログは放置状態になっていました。

やっと気持ちにも余裕ができ、そろそろブログを再開しようとしていた矢先、昨年からの超話題作「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のDVDを観ていて、気づいてしまいました。「ミッション・インポッシブル」1作目(1996年)に続いて、今回の作品でもプラハが撮影地に選ばれていたのです。2010年に自分のブログでこの映画のクランクインのことを紹介していたのに、すっかり忘れていました。

今回のミッション(「コバルト」というコードネームの人物の正体を探ること)で、新たなチームリーダーとなったイーサン(トム・クルーズ)が、侵入を試みたクレムリン宮殿内の広場は、プラハ城の「第2の中庭」だったのです。噴水と象徴的な円柱型の建物に見覚えがあったので、映画を観ながら「これってプラハじゃない!」と思わずつぶやいていました。

プラハ城 第二の広場

残念ながら特定はできませんが、クレムリン宮殿が何者かに爆破された後に、イーサンが、運び込まれた病院から抜け出し、街で靴や服などを拝借しながら逃げるシーンはプラハの中心部だったと思います。今回は、1泊2日のレンタルでのDVD鑑賞だったので、今度はじっくりと確かめながら観てみようと思っています。

「ゴースト・プロトコル」でも、数々の小道具が登場しましたが、マミンカはクレムリン宮殿に侵入した際、警備に姿を見られないように使用した「背景をCG画像にして映し出す幕」(?)や、イーサンがアラブ首長国連邦のひとつ・ドバイの世界一の高層ビル(ブルジュ・ハリーファ)の壁を這い上がるという前代未聞のシーンで身に着けていた手袋が鮮烈に記憶に残っています。アイフォンも大活躍でした。

ドバイの高層ビル


また、IMFの唯一の女性エージェント、ジェーン・カーターがクレムリン宮殿の外で作戦のため使っていたキャノンのビデオカメラや、女殺し屋のサビーヌ・モローがドバイでの取引の際に持参していたプラダの黒いバッグも印象的。イーサンが、クレムリン宮殿に潜入する時に着ていた軍服が、裏がブルゾンのリバーシブルだったのはちょっと驚きでした。

そして何と言っても、このシリーズではお約束のカーチェイスでイーサンが運転していたBMWのスポーツカーたちのクールなこと。先の読めないストーリー展開と、息をのむアクションシーン、背景の街並み、どれを取っても最高のエンターテイメントムービーに仕上がっていました。

マミンカと同年代のトム・クルーズですが、次回作「ミッション・インポッシブル5」の製作前に、「トップ・ガン」(1986年)の続編の撮影に入ると噂されていて、相変わらず忙しい様子。常に新しいことに挑戦している姿、マミンカも見習わなくては。でも、あの若さは何?最新の美容医療のおかげ?それともゴボウ茶でも飲んでいるのでしょうか?

「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」HP

リーマンショック以降(?)CM業界でのプラハの影が薄くなっている感がありましたが、昨年末には富士フィルムのデジカメMX10のCMで「市民会館」がちらっと登場していました。また、以前のようにプラハの美しい景色をCMで数多く見られるようになってほしいものです。

富士フィルム デジカメMX10「TAXI編」

市民会館


ここで、ちょこっと名古屋のチェコ情報を。名古屋・栄の松坂屋本店の北館1階に、チェコのナチュラルスキンケアブランド「BOTANICUS」のショップが3月7日にオープンしました。先日、マミンカものぞいてみました。さすがに日本では大人買いはできないプライスになっていますが、おなじみのロゴに再会できて嬉しかったです。

「BOTANICUS」のHP

logo_2.jpg
スポンサーサイト

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/199-1f2f0e16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。