categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

アール・ヌーヴォーのポスター芸術展 in 名古屋

trackback0  comment0
先日、名古屋の松坂屋名古屋店の南館にある松坂屋美術館へ「アールヌーヴォーのポスター展」を観に出かけました。

グッズ


作品は、全てチェコ国立プラハ工芸美術館とチェコ国立モラヴィア・ギャラリーからの出品なので、日本に居ながらにしてチェコの美術館巡りをしているうような贅沢な気分が味わえました。

今回は、アール・ヌーヴォー様式を代表するミュシャ(ムハ)が大女優サラ・ベルナールのために初めて作成した「ジスモンダ」のポスターを改めて観られたことに感激。おそらく、プラハの「ムハ美術館」などで目にしていたのでしょうが、残念ながらあまり記憶に残っていなかったのです。マミンカはアール・デコ好きなので、なんとなくアール・ヌーヴォー様式からは距離を置いていたのですが、完成度が高く、強く印象に残るミュシャの作品をサラが大いに気に入り、ミュシャと長期契約を結んだのもうなずけますね。

ジスモンダ


そのほか、今回の展示の多くを占めていたのが、ウィーン分離派の展覧会ポスター。その作品のモチーフになっていた三つの紋章は「建築」「絵画」「彫刻」を表していたとのことで、この三つの紋章はいくつかのポスターに描かれていました。

ウィーン分離派とは、当時オーストリアの美術界で主導的立場にあった団体「キュンストラーハウス」の保守的な傾向に対して疑問を抱いたメンバーが脱退して結成したものですが、メンバーではなかったエゴンシーレが分離派展のポスターを1918年に描いたことや、その作品の中央に彼が登場していたのは興味深いです。

オーストリアのユーゲントシュテール様式は、アールヌーヴォー様式のような華やかさはないですが、どこか退廃的で毒のある感じにマミンカは惹かれます。

以前、プラハに住んでいた時、「地球の歩き方」を見て訪れてみたドイツの「ダルムシュタット芸術家村」のポスターも展示されていて、懐かしさが込み上げてきました。ダルムシュタットは、ユーゲントシュティールの街という別名があり、19世紀末の建築がマチルダの丘に立ち並び、街全体が美術館のような美しい場所なので、建築を志す人には、是非訪れてもらいたいと思います。

ダルムシュタット美しいダルムシュタットの街並み

この他にも、「街に張り出せば盗まれた」といわれるロートレックのポスターや、チェコの園芸果樹栽培博覧会、当時ヴァーツラフ広場にあったミネラルウォーター会社のポスター、ポスターファン(?)にはおなじみのカッサンドルの寝台特急“北極星号”のポスターも見ごたえがありました。また、当時の衣装なども展示されているので、楽しめますよ。マミンカも、是非もう一度足を運んでみようと思っています。


今回のポスター展を観て思いました。ミュシャにサラ・ブライトマンの肖像画を、そしてアール・デコ時代の美貌の画家タマラ・ド・レンピッカには是非マドンナの肖像画を描いてほしかったなと。
スポンサーサイト
 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/198-54423fd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。