categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category建物

ホリーさんの「チェコキュビズム建築とデザイン」講演会に行ってきました

trackback0  comment1
ポスター写真

10月30日、名古屋のINAXギャラリーで行われた、チェコセンター所長のホリー・ペトルさんの「ホリーさんと巡る、チェコキュビズム建築とデザイン」講演会に出かけました。
マミンカが想像していたよりもずっとお若い、長身のホリー氏はプラハで生まれ育ち、演劇の研究目的で来日されてまだ10年ちょっととは思えない、流暢な日本語でチェコの歴史から文化全般、そして幼い頃から親しんでこられたキュビズム建築についてお話ししてくださいました。

建築については、現在INAXギャリーで作品が紹介されている、ヨゼフ・ホホル、ヨぜフ・ゴチャール、パヴェル・ヤナーク以外の建築家についても、興味深いお話が聞けました。

広島の原爆ドームを手がけたヤン・レツル聖路加国際病院の建築に携わったアントニン・レーモンド、ベドジフ・フォイエルシュタインについても語ってくださいました
。中でも、作家カレル・チャペックの兄、ヨゼフが初めてロボットという言葉をカレルに提案した戯曲で、舞台デザインをフォイエルシュタインが担当したこと、横浜のカトリック山手教会は、チェコの建築家スワガーが手がけていて、教会内部には、プラハ城とカレル橋を描いたステントグラスがあることは初耳でした。

また、ホホルの代表的キュビズム建築のひとつである「三世帯住宅」は、キュビズム様式の建築が三棟並んでいることからつけられた名前だとホリーさんからお聞きしました。

チェコでは、若い建築家が改めてキュビズム建築を学び、チェコだけにしか存在しないキュビズム建築は世界的に注目されていると聞きます。
ぜひ、アールヌーボーやアールデコのように、この建築様式が広く知られるようになったらと願ってやみません。ただし、チェコ独自の建築様式でもあるので、知る人ぞ知るっていう部分も残しておきたい気もします。


スポンサーサイト
 
行ってきました、プラハ
マミンカさん、こんにちは!
旅行から戻ってすでに10日ほど過ぎてしまいました。
はぁ・・・来月にでもまた行きたい(T_T)
残念ながら雨の日が続き、思うように行動できず
後悔も残りましたが、果たせなかった予定はまた次の機会に取っておくということで・・・
とにかく、思っていた通りの素晴らしい場所でした。
建築巡りや古本屋巡り、ヴィシェフラドも素敵な場所でした~。
まだまだ余韻を引きずりそうです。









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/187-4e4d7069
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。