categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

春の東京旅行

trackback0  comment0
3月も半ばを過ぎ、春爛漫となりました。すっかりご無沙汰してしまいましたが、メルンカにせがまれて先日東京ディズニーランド(TDL)に出かけた際、ずっと気になっていた美術館にも足を延ばしたので、久々にUPすることにします。

TDLは春休み前にもかかわらず、朝から大賑わいで、どのアトラクションへ行っても、最低1時間近くは待たなくてはなりませんでしたが、「カリブの海賊」「ピーターパン空の旅」「スターツアーズ」「ガジェットのゴーコースター」には、なんとか乗ってきました。「スペースマウンテン」や「プーさんのハニーハント」「スプラッシュマウウンテン」などの人気アトラクションは、軒並み2時間以上の待ち時間になっていました。数年前に訪れた、パリのディズニーランドではどのアトラクションも、40分ほど待てば乗れたのに、TDLの人気はさすがです。

城

東京ディズニーリゾート

ディズニーランドパリ

二日目は、六本木の「国立新美術館」へまず向かいました。黒川紀章氏が森の中の美術館というコンセプトで設計したとのことで、まるでオーロラのようなガラスの巨大なカーテンから光が差し込み、その開放感からまるで森の中にいるような感覚を味わいました。地下にあるミュージアムショップも実に楽しくて、ずっと見ていたかったのですが、時間があまりなかったこともあり、後ろ髪をひかれながらも次の目的地目黒へと向かいました。

新美術館

新美術館外観

国立新美術館


目黒では、原爆ドームの設計者でもあるチェコの建築家・ヤンレツルが設計した聖心女子学院の正門を是非この目で見てきたかったのですが、残念ながら学校側の許可が得られず撮影もできませんでした。

正門
聖心女子学院のHPに載っていた写真。是非ともこの目で見てみたかったです。

気を取り直して、次は「東京都庭園美術館」に向かいました。ここはマミンカが選ぶ世界の美術館のベスト3に入るお気に入りの美術館で、20年振りに訪れたこともあって、感慨もひとしおでした。
現在は「ポワレとフォルチュニィ」展を開催中で、優雅な衣装と世界でも屈指の素晴らしいアールデコの装飾が相まって最高の空間を作り出していました。

庭園美術館
ここは、マミンカがプラハの「キュビズム博物館」の次に気に入っている美術館。今度は、ル・コルビジェが設計した上野の「国立西洋美術館」へ出かけてみたいです。

東京都庭園美術館
スポンサーサイト
 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/180-755d485d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。