categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

ミッションインポッシブル イン プラハ

trackback0  comment1
15日の夜は、トムクルーズ主演のご存知「ミッションインポッシブル」の第一弾がテレビに登場しました。

さすがに12年前に製作された映画なので、スパイ道具としてはちょっと古臭いものも出てきましたが、それがかえって新鮮に感じました。

この映画のストーリーは、「アメリカの極秘スパイ組織IMF(Impossible Mission Force)は公にできない活動に従事している。ジム・フェルプス率いるチームが、盗まれたCIA情報員のリストを奪回するというプラハでの作戦中、イーサン・ハントを除くメンバー全員が次々と殺されてしまった。生き残ったイーサンはCIAのキトリッジと会うが、この作戦はIMF内部にいると見られる密告者を探し出すのが目的だったと聞かされる。生き残ったイーサンに疑いがかかり、その疑惑を晴らすため、フェルプスの妻でもう一人の生き残りであるクレアと共にIMF内部の裏切者を探す」というもので、観ているうちに、誰が味方で、誰が裏切り者なのか訳がわからなくなってしまいました。

でも、CIA内部でデータを盗むという有名な「ワイヤーアクション」は、肉体派のトムクルーズじゃなければこなせなかったでしょうね。

今回は、プラハで撮影されたシーンをしっかり確認しましたので、紹介しておきます。

ただし、アジトに使われた場所はカレル橋近くだったようですが、残念ながら特定できませんでした。外観は、橋塔だったのかもしれません。

まず、大使館のパーティーシーンの撮影場所は外観は、カンパパークのリヒテンュタインパレス(Lichtenstejnsky palac)で、内部はヴァーツラフ広場の正面にある国立博物館(Narodni muzeum)です。美しい階段でのシーンはとても印象的でした。リヒテンュタインパレスは、2002年に天皇皇后両陛下がチェコを訪問された際、滞在されていました。

博物館の階段
この国立博物館の陳列物は地味ですが、階段を見に行くつもりで出かけてみてください。


そして作戦に失敗したことがわかり、IMFのメンバーに報告して回るトムクルーズがカレル橋から降りていく階段。マミンカも、このあたりを通るたびにこのシーンを思い出していました。

仲間を皆殺しにされ悲嘆にくれるイーサンがキトリッジと会っていたレストランは、ペトシーンの丘の中腹にあるレストランで、撮影のために巨大な水槽が設置されていて、イーサンがガム状の爆弾をしかけてその後水槽の水と共に飛び出してくるシーンも強烈に記憶に残りました。でも、なぜだか水びだしになって、抜け出した先には、旧市街広場が広がっていました。

景色
残念ながら、レストランの写真がなかったので、レスランのすぐ前の景色だけ楽しんでください。でももしかしたら、映画に登場したのは、映画用に作られたレストランなのかもしれません??


武器商人(?)の女ボスのマックスに会いにでかける際、ある長髪の男からたばこの火を借りるシーンは、プラハのショッピングストリート、ナ・プシコペ(Na prikope)で、この通りの中でもひときわ美しい外観が目をひくCEDOKが入っている建物がすぐ前に映っていました。なぜか、そのシーンではベンチが置かれ、バス停があり、バスまで走っていました。

そしてマックスと会っていたのは、かの有名な市民会館の市長室でした。背後にはムハがデザインしたカーテンや、彼の手がけた絵も映っていました。この部屋は市民会館のガイドツアーで見学できます。

イーサンが渡したデータを取り返しに一味がやってくる前に市民会館と火薬塔の間にかかる渡り廊下の部分に逃げ出したのが興味深かったです。

市民会館これが、市民会館。

火薬塔
そして、これが市民会館に隣接している火薬塔。渡り廊下のようなものがわかりますか?

その後、CIAの本部や、ロンドンンへとシーンは展開していきました。

マミンカにとって、ミッションインポッシブル第一弾で、記憶に残るのは、やはりカレル橋からカンパパークへ降りる階段、夜霧、市民会館の市長室や国立博物館の階段ですね。まあ、これらが主な撮影場所でもあるんですが、プラハを今度訪れたら、再びこれらの場所を巡ってみたいものです。

こんなふうに、撮影場所について紹介させていただきましたが、「違うんじゃないの?」と思われたらコメントを送ってくださいね。




スポンサーサイト
 
プラハ
昨日、私も観ました。中身は半分どうでもよくて(ハリウッドのドンパチ人寄せには飽き飽きしているので)、プラハの様子が観たかったのです。どこまでが現地でどこまでがセットかよくわかりませんでしたが、やはりプラハは綺麗ですね。一番好きな街です。
あと、俳優としてジャン・レノも好きなのですが、あまり出番がないのと使い方としてはちょっと役不足でしたね。









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/175-e04717e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。