categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category建物

昨夜の「地球街道」は迷宮都市・プラハ

trackback0  comment5
去年は、CMなどで次々とプラハが登場したのに、今年はテレビでプラハがあまり見られないので寂しく思っていたら、昨夜の「地球街道」で久しぶりに美しいプラハの町並みを見ることができました。
今回の放送では、雅楽師の東儀秀樹さんが、プラハ、テルチ、ミクロフを巡りました。

まずは、あの有名なプラハ城前の坂からの小雨にけぶるプラハの絶景が映し出され、旧市街広場の名物の時計台のからくり人形の内部が紹介されました。その後、チェコで脈々と受け継がれてきた人形劇の人形を東儀さんが操る様子や、色彩豊かなかわいい建物が立ち並ぶ町・テルチで1920年~30年代の自転車をコレクションしているおしゃれな紳士が紹介されました。

カフェ

これは、時計台のまん前にある、グランドホテル(Grand Hotel)の2階にあるカフェからの眺めです。お茶を飲みながら、時計台のからくり人形が見られるのでお勧めです。


今回、マミンカがもっとも興味深かったのは、チェコの偉大な建築家ヨゼフ・ゴチャール(Josef Gocar)が手がけた チェコスロバキアレジオン銀行(Caechoslovak Legion Bank )が登場したこと。この銀行は、火薬塔から歩いて5分くらいのところにある赤茶色の外壁に兵士たちのモチーフが飾られた、とても目をひく建物ですが、何と言っても内部の装飾が豪華なんです。

マミンカはインテリア見たさに用も無いのにこの銀行に入って行き、カウンター前の待合スペースの小さな噴水や、見事な色彩をしばらく見ていたことがありましたが、内部は撮影禁止だったので、せめてトイレだけでも行って盗み撮りでもしておけばよかったと、後悔しています。

銀行

これが、チェコスロバキアレジオン銀行です。住所は、Na Porici 24 1 Nove Mesto 1046。

ゴチャールについて紹介されているHPはこちら。
空間


ゴチャールの建築としては、火薬塔のすぐそばにあるこの「ブラックマドンナ」が有名ですが、東儀さんが街灯の整備をしている人を撮影している場面で、この建物はちらっと映っていました。


マドンナ
この「ブラックマドンナ」を訪れたら、是非キュビズム博物館と、カフェ・オリエントに立ち寄ってくださいね。1階にあるミュージアム・ショップも見逃せませんよ。

カフェ
これが、マミンカがプラハで最も気に入っているカフェ・オリエントです。ここのオリジナルのカップ&ソーサーはお土産にもお勧めです。


ミクロフは、ウィーンへ行く途中に通り抜けたことは何度かありましたが、町の丘の上からオーストリア、スロバキア、そしてチェコの三つの国が見渡せるとは知りませんでした。

来週は、チェスキー・クルムロフの特集ということなので、これまた必見です。


地球街道の公式HP
スポンサーサイト
 
初めまして
初めまして。娘がプラハに1週間滞在します。知っている人に、チェスキー・クルムロフが美しい所だと聞いたのですが、プラハからはどのくらいの距離なのでしょうか。
お嬢さんは、どのような交通機関でチェスキークルムロフを訪れる予定でしょうか?私は、家族で3回ほど日帰りで出かけましたが、車で約2時間ほどだったと記憶しています。もしかしたら、現地の旅行代理店でツアーなども企画しているかもしれませんね。あまり詳しくお教えできなくてすみません。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
はじめまして、時々こちらのブログを
読まさせていただいていますが、コメントは初めてです。

私は、今年の6月に1週間プラハに行ってきました。
長年憧れの街でしたが、現地は想像以上に美しくて、
10歩歩いてはシャッターを切る…というありさまでした(笑)

マミンカさんのブログの写真を見て、
また行きたいところが増えてしまい、来年も
訪れたいと思っています。

レジオン銀行は、宿泊したホテルの近所だったのに、
(チェックもしていたのに)1度も足を運びませんでした。

写真を拝見して、改めて「行かねば!」と思いました。
今度は忘れずに行きたいと思います(><)




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/172-e22b1cf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。