categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

プラハのぶら下がる男と、金沢の雲を測る男

trackback0  comment5
先日、秋の金沢で蟹料理に舌鼓を打ってきました。もう当分蟹料理はNo、Thank you.という贅沢なひと時を過ごし、その後今や金沢の人気スポットとなっている「21世紀美術館」を訪れました。

雑誌などで盛んに紹介されている”服を来てプールの底を自由に歩くような体験ができる”「レアンドロのプール」を鑑賞するのが目的。この作品は、中庭に常設された、一見ただのプールですが、上からのぞくとプールの中で、服をきたままうごめく人が見えて、ギョッとします。この日は、近代美術館がこんなに込んでいるなんて何事?というくらい人が多くて、プールの下がイモ洗い状態。種を明かせば、プールの表面にだけ水がはってあって、下は空洞の水色の部屋なんですが、部屋から空が見えるせいか、閉所に入っていても逃げ出したいような不快感は全くなく、いつまでもいたいような感覚にとらわれました。


プール全景
どうですか?ただのプールにしか見えませんよね。

プール上から
でも、上から覗き込むと、人がいるのが見えるんです。

プール底
プールの下は、こんな水色の部屋があるんです。

自分の目線より上に水がはってあるといえば、名古屋のオアシス21もそうですよね。

オアシス21
これは、名古屋の「オアシス21」です。

ところで、この有名なプールの他にも、とても気になる作品がありました。

高いところで、定規を持って空を見上げている「雲を測る男」です。この作品は、美術館中央の屋上に設置してあり、映画「アルカトラズの鳥男」からヒントを得たとのこと。顔の部分は作者ヤン・ファーブル(あのファーブルのひ孫らしい)の亡くなった双子の弟、胴体は作者本人の身体から型取りされているそうです。う~ん。奥が深い。

雲を測る男
これが、「雲を測る男」。身長はいったいどれくらいあるのでしょうか?

この作品を見て、マミンカが直感的に思ったのは、プラハの「ぶら下がる男」。作者が誰だか今だにわかりませんが、あまりのインパクトから今でも夢に登場しています。

ぶら下がる男
この作品(?)は、スーパー「TESCO」を北に歩き、ベツレヘム広場(Betlemske nam.)手前のフス通り(Husova)を見上げると、見えるはずです。

話は変わりますが、先週からプラハで「のだめカンタービレ」の新春スペシャルバージョンの撮影が始まったそうですね。プラハ在住の日本人の間では、「今日のロケ地はどこか」が大きな話題になっているそう。マミンカがプラハにいたら、間違いなくロケ地に駆けつけていたはず。友人の中には、あの玉木クンと握手をしたり、「スメタナホール」での撮影にエキストラとして出演(?)した幸運な人もいます。うらやましい。

スポンサーサイト
 
はじめまして!マミンカさん。
三ヶ月前からブダペストに住んでいますFUJIといいます。
いつも×②大変楽しく覗かせてもらっています。
ハンガリーに来るまでプラハに関してあまり認識がなくどんな国か想像も出来ないくらいでしたがマミンカさんのブログにお会いしてからとてもとても気になる国になってしまいました。
そしてついに先週ほとんど日帰りの様な旅でしたが初プラハ、上陸しました。
本当に素敵な国ですっかり気に入ってしまい、またすぐにでも旅行に行きたいです!
のだめはパリでの撮影と聞いていましたがプラハでもしていたのですね!!
ちょうど私が行っていた時でしょうか。
だったら今日は悔しくて夜眠れないですね(笑)
FUJIさん。とうとうプラハに出かけられたとのこと。ヨーローッパはほんの数時間で様々な国へ飛べるのでいいですね。マミンカのブログを通して、もっともっとプラハに関心を持ってもらえたら、幸いです。是非ブタペストについても紹介してください。のだめのロケに遭遇できなかったのは、ちょっと残念でしたね。
マミンカさん、@^^@)/コンバンワ
じゃない、こんにちは!ですね
知床流浪人Mは、いよいよ明日自宅を出発します
10日の午後には憧れのプラハ
お散歩途中に写真のようなぶら下がり人形を見つけたらドキドキしちゃいますね
たった1泊2日のプラハだけど、もう考えただけでテンションは最高潮です
ぶら下がる男
ぶら下がる男の作者はDavid Cernyです。TVタワーの赤ちゃんも逆さまの馬の像もアレもコレもとプラハの街のアチラコチラに彼の作品があるんですよね。
http://www.davidcerny.cz/
Utaeさん。あのぶら下がる男の作者と、TVタワーの赤ちゃんや逆さまの馬の作者が同じとは驚きました。要は、ヘンなものが好きなアーティストなんでしょうか。どれもこれもインパクト大ですよね。貴重な情報をありがとうございました。









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/158-35cc4a08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。