categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category古本屋

チェコの国民的女流作家ネモツヴァーの「おばあさん」

trackback0  comment2
チェコで古本屋巡りをしていたころ、必ずといっていいほど目に留まる美しい挿絵の本がありました。その本は、ボジェナ・ネモツヴァー(Bozena Nemcova1820-1862)という女流作家が1856年に発表した「おばあさん(BABICKA)」という本であることを、知るまでにそんなに時間はかかりませんでした。

でも、いくら探してもチェコ語版しか見つからず、いろいろな有名な画家が挿絵を手がけた中で、マミンカが気になっていたヴァーツラフ・シュパーラ(Vaclav Spala)の挿絵のものは、帰国するまで古本屋では見つけることができませんでした。

ただ、ルドルフィヌム前の美術工芸博物館の二階の引き出し式陳列台にだけは、シュパーラの挿絵の「BABCIKA」が展示されていたので、マミンカはこっそり模写してきました。

シュパーラの挿絵
マミンカが模写してきた、シュパーラの挿絵です。少しだけキュービズムの影響がみられます。

図録
これは、2003年秋にマラストラスカ駅近くの乗馬学校ギャラリーで行われていた、シュパーラ展で購入した図録です。青がとても印象的な美しい絵が数多く展示してあり、このとき「BABCIKA」の挿絵も観ました。


その探し続けた「BABCIKA」の日本語版を、アマゾン・マーケットプレイスで見つけたので、早速購入してみました。

おばあさんの表紙
今は廃盤になっている岩波文庫の「おばあさん」です。

日本語なのは、もちろんうれしいことですが、美しい挿絵もついていました。(白黒写真ですが)

「あとがき」をざっと読んでみたら、ネモツヴァーの「おばあさん」のモデルは、ネモツヴァーの祖母で、作者自身もおばあさんの孫娘として登場しているとのこと。ただ、かなりの虚構化、理想化はおこなわれているそうですが。

この長編小説は、これから秋の夜長にかけ、じっくり読むとして、マミンカがたどった、ネモツヴァーと、シュパーラのゆかりの場所について紹介させてください。

胸像
ムステーク駅を出て、ナ・プシコペ通りを少し歩いて上を見上げると、銀行の建物の角にこのネモツヴァーの胸像があります。でも、いったいなぜここに、この胸像があるのかは不明です。

ヴィシェフラッド墓地には、カレル・チャペック、スメタナ、ドボルジャークなどチェコの文化人約600人が眠っていますが、墓地の中央にある合同霊廟「スラヴィーン」にはシュパーラの墓があります。この「スラヴィーン」には、チェコ文化を代表する50名以上の人物が葬られていて、画家のムハ、建築家のゴチャールなどの名前ももちろんあります。

墓
「スラヴィーン」にあるシュパーラの墓です。

「スラヴィーン」の向かって右手には、ネモツヴァーの墓があります。記念碑のようなその墓の下の方には、おばあさんが孫たちに色塗りの箱をあけて見せているようすのレリーフがはめこまれています。

ネモツヴァーの墓碑
これが、ネモツヴァーの墓です。残念ながら、レリーフはあまりよく見えないですね。

シュパーラ
これは、「ミューラ邸」から徒歩で10分くらいのところにある、シュパーラのアトリエです。シュパーラの像が壁につけられていました。シュパーラはもう亡くなっていますが、彼のお嬢さんが現在画家として活動していると聞いたことがあります。
このあたりには、こんな風にアーティストとみられる顔がついた建物が結構あって、楽しめ(?)ます。
スポンサーサイト
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/152-89ff5b98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。