categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

カレル橋博物館

trackback0  comment0
最近、カレル橋のたもとに「カレル橋博物館」がオープンしたと、プラハの友人が知らせてくれたので、今回はその博物館をて紹介しますね。

この博物館は、カレル4世の名により1357年に着工し60年近くかけて完成された、カレル橋の旧市街側の橋塔の右手にあります。ということは、この橋の建設に着工してから、今年は650年になるんですね。以前に、カレル橋着工650年を記念するイベントが開催されるとか、聞いたような気がしますが、どうなんでしょう?

ここは、以前もギャラリーになっていて、マミンカは、ムハ展を観にでかけたことがあります。また、この建物の地下には、1342年の洪水で破壊されたユディタ橋の一部が残っています。

ユディタ
これが、ユディタ橋の遺跡です。

さて、「カレル博物館」ですが、館内は、5つの部屋に分かれており、ヨーロッパの古い橋の場所を示した地図、カレル橋の建設当時のジオラマ、カレル橋の歴史、現在の橋とその周辺を捉えた写真パネルの展示、古い写真や絵・映像などをまとめたフィルムの上映(3本を繰り返し上映)で構成されているそうです。

このフィルムの中では、かつてトラムが通っていた頃(絵葉書で見たことがあります)や、水害で破損した様子や、近年の修復時の石切り場の作業を記録したものなど、見応えある映像が見られるとのことです。写真だけでなく、映像が見られるのがいいですね。

併設のカフェは一部が2階になっていて、キャビネットにアンティークグラスのレプリカが飾ってあって、購入もできるようです。

入場料は100コルン、カフェのメニューの値段も意外に低く抑えてあるようで、気軽に足を運べそうです。


入り口
ここが、博物館の入り口です。すぐ左側には、ボート乗り場があります。

橋塔
カレル橋の橋塔がすぐ近くにあります。


展示物
写真の展示コーナーでしょうか。

作業
こんな、橋の建設の様子まで、再現してあるんです。

カフェ
カフェもプラハらしくて、素敵です。

残念ながら、英語の表記はないのですが、「カレル橋博物館」のHPです。
http://www.muzeumkarlovamostu.cz/


マミンカは、ヤブルコの夏休みの自由研究で、プラハのいろんな塔に上ったことがあるんですが、カレル橋のマラーストラナ側の橋塔は興味深かったですよ。橋塔の内部も、カレル橋の博物館になっていて、そこのガイドの方に、反対側の塔の下にユディタ橋の一部が残っていると聞いていたので、その遺跡を目にした時は、結構感動しました。
小地区塔
これは、マラーストラナ側の橋塔(まぎらわしくて、すみません)の中にあった、カレル橋博物館です。ヤン・ネポムツキーがブルタバ川に投げ込まれる様子が、再現してありました。カレル橋の上にある、この人の像に触れると、幸運が訪れるといわれているので、この像のまわりはいつも人であふれかえっています。スリにも、どうぞ気をつけてください。
スポンサーサイト
 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/148-1b458d24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。