categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category名古屋・近郊案内

明治村の「京都市電」とプラハの「91番トラム」

trackback0  comment2
今日は、花冷えの中、マミンカ一家は愛知県犬山市にある博物館・明治村に出かけました。そこで、プラハで乗った懐かしい「91番トラム」に似た京都市電や、20世紀初頭の数多くの美しい建物を観てきました。
花冷えとは言っても、村内に咲いている桜はほとんど三部咲きくらいで、お花見とはいきませんでしたが、ほとんど20年振りに訪れた明治村は、とても新鮮でした。

ちょっと強引ですが、「91番トラム」と「京都市電」を比べてみました。「91番トラム」は、おそらく1905年に電気式に変わったプラハのトラムで、「京都市電」は1895年に開業した京都市電の車両で、明治村のは1910年から1911年に製造された大型車両です。市電前
「京都市電」の前面。

市電内部
「京都市電」の内部。布団たたきのような、つり手がおもしろいです。

トラム内部
これは、「91番トラム」の内部です。木が多く使われていて、「京都市電」と似ていませんか?

トラム終点
「91番トラム」です。レトロな雰囲気が味わえるので、是非乗ってみてくださいね。

少し古いかもしれませんが、「ANONE」さんのブログから入手した情報を載せておきます。

プラハ交通博物館 1903年に路面電車修理のために建てられた建物を利用して、プラハ交通博物館が1993年にオープンしました。現在この博物館には、歴史的な馬車の路面電車から路面電車、トロリーバス、バスなどがあわせて50台展示されています。開館日・時間は、4月1日から11月17日までの土日や休日の午前9時から午後五時までです。 観光シーズンには、歴史的な観光路面電「91番トラム」が博物館から運行されています。観光トラムは4月1日から11月17日までの土日や祝日に、正午から午後五時までの間、毎時運行されています。このコースは、プラハ市街地や見ごたえののある町中を通って、終点のヴィースタヴィシュチェ(V?stavi?t?)駅までとなっています。全走行時間はおよそ45分です。この観光路面電車の乗車賃は、たった25コルナというお得な値段です。

そして、明治村のHPはこちら。
http://www.meijimura.com/


スポンサーサイト
 
マミンカさま

こんばんは。
レトロトラム、私は定期で乗れると思い込み、普通の移動手段として、乗ってしまいました。
お金取られて、「あれっ?」という感じです(^∀^;)
もっと情緒を味わっておけばよかったと思います…(^∀^;)
ところで、明治村いいですね。
いつか行ってみたいです。
panenkaさん。コメントありがとうございます。明治村は、愛知が世界に誇る(?)博物館だと思います。是非いつか訪れてみてくださいね。









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/136-f89bd930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。