categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

ベツレヘム広場近くのギャラリーでキュビズム建築展開催中

trackback0  comment0
世界でもチェコにしか存在しないと言われるキュビズム建築ですが、そのキュビズム建築を紹介する展示が、ベツレヘム広場近くのギャラリーで開催されています。

マミンカなら、開催中3回くらいは通いたくなる魅力的な展示らしいので、建築ファンのみならず、チェコの文化に触れてみたい方も是非出かけてみてください。何でも、2月11日まで開催予定だったのが、25日まで延長されたとのことです。

実際に展示を観て来た友人によると、建築家ごとの作品紹介パネルと何点かの模型、キュビズム様式の陶器(花瓶とシュガーポット)が2点という構成だということです。入場料は40クラウンです。

ぎゃらりー
この建物の2階にギャラリーがあります。1階には建築専門書店が入っていて、近くにアールデコ家具店もあると聞きました。

キュビズムについて知りたければ、もちろんこの展示もお勧めですが、市民会館近くの「ブラックマドンナ」内のキュビズム博物館や、展示数では群を抜いていて、有名なルソーの作品も観られる国立美術館の現代部門である「ヴェレツジニー宮殿」にも是非足を延ばしてみてください。この美術館では、キュビズム様式の家具もいくつか観ることができます。

この他、興味深いのが、1900年代初頭のプラハの街の様子を動画で観られるスペースがあって、マミンカは時間も忘れて見入ってしまったことがあります。

ヴェレツジニー宮殿(Veletrzni palac)
Dukelskych hrdinu 47 プラハ7区
開館時間 10:00から18:00
月曜休み


スポンサーサイト
 









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/132-fc63d916
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。