categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

今夜のTBS「世界遺産」はプラハ

trackback1  comment5
今夜の「世界遺産」はプラハの歴史保存地区について放送していました。皆さんも観ましたか?町が美術館というサブタイトルがあったように、初夏のプラハの風景は、息をのむほど美しかったです。

プラハ城内の聖ヴィート大聖堂、黄金小路、ストラホフ修道院、クレメンティヌム、市民会館、ブラックマドンナなど。マミンカにとっては、毎日のように目にしていた風景ですが、今は飛行機で12時間以上かけないと見られない風景になってしまいました。

年々観光客が増え続け、プラハの人気が高まるのは喜ばしいことですが、カレル橋の石像の一部が持ち去られたりする事件もあるそうで、貴重な文化遺産を傷つけるなんて、本当に腹立たしいです。

今日の放送の中で、ベルトラムカも紹介されていましたが、久し振りに黒歌鳥(チェコ語でコス)の泣き声が聞けたのが、マミンカとしてはうれしかったです。
欲を言えば、「チェコのキュビズム」を特集してほしかったので、次回に期待するとしましょう。

「世界遺産」のHPはこちら。
http://www.tbs.co.jp/heritage/

椅子


番組終了後、再々結成したYMOが出演している話題のキリンラガーのCMを見ました。マミンカが20代に最も影響を受けたグループだけに、感激。メンバーの高橋幸弘さんがアールデココレクターだと知って、マミンカもアールデコに強烈に魅かれて行ったものです。

キリンビールのHP。
http://www.kirin.co.jp/company/news/01/a/070131_1.html
スポンサーサイト
 
ほんとにプラハは建築博物館ですね
マミンカさん、こんにちは。

『世界遺産』まだ見れてないですが、これでますます観光客が増えることでしょうね。カレル橋の持ち去り事件、ヘブライ語の部分、ということを考えると、昨年のテロ騒ぎとの関連も疑いたくなります。あんな人目の多いところで…ちょっと不気味で、いまだすっきりしません。

キュビズムは、もうそれだけで特集ができてしまうでしょうね。去年の終わりからベトレム広場のそばのギャラリーで「チェコのキュビズム建築」という展示をやっていて、キュビズムに関する新しい本もいくつか出版されましたし、チェコ人の中でも再評価されてきている感じがします。。。次回に期待したいですね。
「世界遺産」の番組の映像は、、木々の種が舞う様子や、コスの泣き声から初夏の映像だと思います。マミンカに問い合わせてくれれば、もっとDEEPなプラハをおおしえできたのに。rybickaさんのおしえてくださったギャラリーは、建築専門書を扱う書店が入っている建物では?マミンカも、20世紀の建築展か何かを見に行った記憶があります。少し前までは、英語版のキュビズムに関する本を探すのも一苦労でした。何かいい本があったら、また紹介してくださいね。
はい、そこです。まさにその本屋さんの上で(確か2月中旬ぐらいまでだったと思います)。いつも建築関係の展示をやっているんでしょうか。去年出たキュビズム本のひとつ、大判の2千コルナ以上する1冊は、同価格で英語版も出ていますが、個別の建築家についての本や、もっとつっこんだのになると、やっぱり英語版を見つけるのは難しいみたいです。
きゃーYMOが再再結成したんですね!私も大好きでした!YMOを初めて聴いた時、「新しい時代の音楽だぁ~!」と鳥肌が立ちました。もちろんラストコンサートには行き「ユキヒロ~!」と喉が枯れるまで叫びましたよ(笑)
utaeさん。YMOの再々結成はどうもCMのためらしいですが、マミンカも「教授~」と叫んでいた自分を思い出しました。あんな風に世界的影響力を持つグループって本当にすごいと思います。久し振りにYMO写真集「OMIYAGE」を開いてみたら、彼らは’80年のワールドツアーで、ハンブルグには行ったようですが、残念ながらプラハでは演奏したことがないよう。そういえば、チェコでも、知る人ぞ知るテクノミュージックの野外ライブが毎年(?)開催されていると以前きいたことがあります。utaeさんはご存知ですか?









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/130-7aa75508
カレル橋カレル橋はチェコ|チェコ共和国の首都、プラハに流れるヴルタヴァ川(モルダウ)に架かっている橋である。チェコ語で''Karl?v most''、英語では''Charles Bridge''と呼ばれる。ヨーロッパに現存する最古の石橋。神聖ローマ皇帝カール4世 (神聖ローマ皇帝)|カール4世
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。