categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryアンティークショップ

黄金小路で見つけた古い楽譜を額装してみました。

trackback0  comment4
プラハ観光には絶対はずせないプラハ城の中に、マミンカも何度か訪れた黄金小路があります。ここには、カフカが仕事場として使ったといわれる「青い小さな家」や、中世のよろいなどが展示されためずらしい博物館があったり、プラハならではの温かみのある雑貨などを見つけることができます。
この中で、マミンカが気にいっていた店は、エクスリブリス(蔵書票)はもちろん、チェコ各地の古い絵画、パンフレット、楽譜などを扱ういわゆる紙関係のアンティークショップがあります。
そこで、以前購入した、アールヌーボー調の楽譜を額装してみたら、これがなかなか素敵なんです。音楽好きな友人へのお土産に楽譜を渡すなんていうのも、いいですね。
今度は、お気に入りのエクスリブリスをいくつか一緒に額装してみようと思っています。


楽譜1

ポルカというタイトルが見えます。舞踏用の曲の楽譜でしょうか。500クラウンほど(約2500円)でした。

楽譜2
「黄金のプラハ」と書かれた楽譜。背景にプラハ城とブルタバ川が描かれています。確か700クラウン(約3500円)でした。

最近、プラハの友人が昨年のクリスマスのFDCと、2007年版の切手カタログを送ってくれました。もう一度、クリスマスが来たようでうれしかったです。チェコの切手カタログは、まるで画集のように素敵です。

切手カタログ



スポンサーサイト
 
こんにちは。以前私のブログにコメントをいただきました、プラハ在住のYUYUといいます。日本に帰られてからも素敵な更新、いつも私の重要な情報にさせてもらってます。あと、地元がお近くなようで、日本の情報も帰国時には役立ちそうです。
マミンカさんのブログからは、本当にマミンカさんがプラハを好きなことが伝わってきます。
ところで、このPOFISという切手カタログは郵便局で購入できるのでしょうか?
これからも楽しみにしてますね。
YUYUさん。コメントいただき本当にうれしく思います。プラハの最新情報はなかなかお届けできませんが、プラハと日本とリンクするマミンカならではの情報をお届けできたらと思っています。切手カタログは、以前にも紹介した切手専門店などで購入できるはずです。もしかしたら、中央郵便局で扱っているかもしれません。これからも、よろしくお願いします。
今回のブログには直接関係がないお話でご免なさい。
どうしてマミンカさんは、チェコの貨幣単位を「クラウン」と書かれるのですか?確かに、英語風に考えたらクラウンですが、スペルも「Koruna」だし、チェコ好きなマミンカさんが「コルン」と書かれないのが、不思議で仕方がありません。こだわりの理由を教えて下さい。
husigiさん。特にこだわりはないんですが、チェコでは、もっぱら英語で買い物をしていたので、つい英語で表記してきましたi-229これからはコルンと書きますねi-179









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/129-d19d8c42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。