categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

ムステーク駅の小さい橋の遺跡

trackback0  comment3
マミンカにとっては、プラハに住み始めて2ヶ月ほどたった頃、スリにあってしまった忌々しい駅ではありますが、観光客にとってもおそらく最も便利で危ない駅のひとつが地下鉄A線のムステーク(Mustek)駅でしょう。ムステークというのは、チェコ語で小さな橋という意味だそうです。

この駅の構内に、なぜか遺跡らしきものがあるので、ずっと気になっていましたが、ある時、古地図を見ていたら、ナ・プシコペ(Na Prikope・堀の上にという意味)には、名前の通り堀があり、その堀に小さな橋がかかっているのを見つけました。その橋こそが、ムステーク駅にある遺跡だとわかり、やっと駅名とその由来が自分の中で一致したのです。

ある場所を知っていて、地図でそれを確認することはよくありましたが、その逆の経験は初めてだったので、ちょっと興奮したのを覚えています。あまり足を止める人もない場所ではありますが、ムステーク駅に行くことがあったら、その小さな橋を是非ごらんになってください。

橋
これが、ムステーク駅構内にある小さな橋の遺跡です。

全体地図
これが、1720年代のプラハの地図です。


地図3
この橋こそ、ムステーク駅にある遺跡だと思うのですが。
スポンサーサイト
 
MUSTEKの意味もNa Prikopeの意味も知っていたので、堀と橋があったことは想像していましたが、地図で見たのは初めてです。通りや地名の意味を知るのは「昔はこうであったに違うない」
を思いを馳せることができて楽しいですよね。
興味を持っていただき光栄です。こういった小さな疑問を解きに、またいつかプラハを訪れてみたいです。街壁の跡をたどったり、古地図に載っている塔をたずねたり、など。若菜さんも何か興味深いものを発見したら、是非おしらせくださいね。
マミンカさん、こんにちは。
秋にチェコに旅行に行こうと
色々検索中にたどりつきました。
ガイドブックには載っていない、
つい最近のリアルなチェコの様子がわかり、
もうもう超お役立ちです~!
写真も、「マミンカ」というブログ名も
可愛いですね~♪









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/111-43cddd33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。