categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

チェコの美しい温泉地マリアンスケ・ラーズネ

trackback0  comment1
昨日、「世界わが心の旅」という番組を観ました。これは、先日亡くなった指揮者の岩城宏之氏が1960年代に東欧で武者修行をした際、特に印象に残った地を訪ね歩くというもので、1999年に放送された番組でした。

その中で、チェコのプラハから、車で2時間ほどの「マリアンスケ・ラーズネ」を訪ねる場面があり、思わず見入ってしまいました。およそ10年前に撮影されたその場所は、やや寂れた感じはあったものの、ゆったりとした保養地の雰囲気が感じられました。マミンカにとっても、初めて家族で訪れたプラハ以外の観光地だったので、とても思い出があります。

チェコの温泉地は、日本のように行楽気分でお湯にゆったりとつかるというより、医療的な目的で、スパに数日通ったり、とてもおいしいとは言えない温泉水を飲むのだと知って、カルチャーショックを受けたのを覚えています。

この「マリアンスケ・ラーズネ」は、「カルロビ・バリ」に次ぐチェコ第二の温泉地で、高血圧、尿道結石、咽頭炎、肥満などに効き目があるそうです。マミンカも石持ちなので、もっと通っておけばよかったと今更ながら、後悔しています。

この地を訪れた有名人には、作曲家ヨハン・シュトラウス、発明家エジソン、精神分析学のフロイト、作家フランツ・カフカなどが、名を連ねています。

もし天国があるなら、きっとこんな場所なんだろうなとふっと思った、そんな素敵な場所です。ホテル「ビラ・バタフライ」のレストランでは、洗練されたチェコ料理が、ピアノの生演奏とともに楽しめました。

温泉地のランドマークになっている、コロナーダ前にある噴水では、奇数の時刻に音楽が楽しめるショーがあり、夜9時と10時にはライトショーもあります。
コロナーダ
温泉地のランドマークでもある、コロナーダです。

夕景
夕景もロマンチック。

スパ

マミンカ一家が宿泊したホテル「ノーベー・ラーズネ」。この硫黄のにおいがただようホテルの中に、個室になっている浴槽や、深いプールのような浴槽がありました。

バーチャル散歩も楽しめる「マリアンスケ・ラーズネ」のHPはこちら。
http://www.marianskelazne.cz/en/
スポンサーサイト
 
わーお
この記事を読んでいて、なんだか心がマリアンスケーラーズネに行っていました。i-186









        
 
http://maminka.blog45.fc2.com/tb.php/108-e86e2ec9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。