categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

カレル・ゼマン展 IN 刈谷

trackback0  comment2
今回は、チェコのアニメーション界の巨匠、カレル・ゼマンの展示が行われていると聞き、再び刈谷市美術館を訪れました。ここでは、2007年に「チェコの絵本とアニメーションの世界展」が開催されました。

zuroku

刈谷市美術館

さて、この展覧会のタイトルにもあるように、カレル・ゼマンが「もうひとりの巨匠」と言われるゆえんですが、チェコでは絵本作家としても知られるイジー・トゥルンカが第一の巨匠であるからということでした。
今回の展示は、彼の代表的アニメーションの上映はもとより、「前世紀探検」(1955年)などで使用されたトリックや原画、人形、絵コンテなどが紹介され、とても興味深い内容となっています。
図録の説明によると、ゼマンは、チェコのズリーン(Zlin)にある世界的靴メーカーのバチャ(Bata)に入社。広告部門に所属し、Brnoの店舗ショーウィンドーディスプレイなどを担当した後、広告映像を手がけるようになり、これがゼマンのアニメーションの世界に足を踏み入れるきっかけになったようです。

カレル・ゼマンといえば、マミンカは彼の遺作となった「ホンジークとマジェンカ」(1980年)を思い浮かべますが、彼の残した作品には「クリスマスの夜」(1945年)のちょっと田原俊彦似(?)の人形とか、「プロコウク氏シリーズ」(1947~59年)のプロコウク氏(じっと見るという意味のチェコ語が由来とのこと)など、ユーモラスで実に愛らしいキャラクターも登場していました。

ホンジーク
美しすぎる「ホンジークとマジェンカ」

今回紹介されていた作品の中で、マミンカが興味をひかれたのは、映画史上初めて、ガラス細工を用いて、幻想的な世界を創り出したという「水玉の幻想」(1948年)。ゼマンがこの作品に関して「思い出すのもイヤなくらい(ガラスが)壊れた」と語ったように、かなり大変な思いで製作したと思われます。何としても、このアニメが観て見たいと思って検索したら、カレル・ゼマン短編集の映像が検索できました。

水玉の幻想
繊細すぎる「水玉の幻想」

水玉の幻想 カレル・ゼマン短編集

改めて「ホンジークとマジェンカ」の映像も観ましたが、この美しすぎるキャラクターは本当に素敵。マミンカは以前に、GLAYの「夏音」のPVがこの作品の世界に通じるものがあると紹介しましたが、まさに普遍的な美しさがあります。

夏音

夏音 PV はこちら

ゼマンは、人形や、ガラス細工、切り紙や実写など多岐にわたる手法を駆使し膨大な時間を費やして、数々の作品を創り上げました。もし、CGなどでどんな映像も製作が可能な現代に、ゼマンが生きていたらどんな作品を生み出していたでしょうか。

マミンカはついに訪れることはありませんでしたが、世界的靴メーカー「バチャ」の本拠地であるZlinは、工場群のみならず、近代的な都市計画を採用して、住宅の他に様々な文化施設を建造したことで知られています。驚くのは、「バチャの摩天楼」と呼ばれる高層ビルでは、社長室のオフィスがエレベータとなり、上下階に自由に移動できるとか。どうぞ、Zlinに行かれたことがある方は、街の感想などお聞かせくださいね。

バチャ
これが、「バチャ」の本社ビル
スポンサーサイト
category名古屋・近郊案内

魅惑のオールドノリタケ

trackback0  comment3
GW二日目の五月晴れの中、国内残留組のマミンカは、「名古屋骨董祭」に出かけました。

今回のお目当ては、1800年の末から第二次世界大戦前後頃まで、ノリタケカンパニーの前身である森村組と日本陶器で作られ主にアメリカへ輸出されたオールドノリタケ。

オールドノリタケは、1885年頃から1935年頃までのアールヌーボー様式と、1922年頃から1929年頃のアールデコ様式の製品に分類されますが、マミンカはラスター彩と呼ばれる美しいつや加工が施された、アールデコ様式の化粧用小物、パーティー用の小さな皿などにとても惹かれます。

去年、初めて骨董祭で買い求めた小鳥がついた小さな皿は、角度によってはオパール色に輝く美しい色合いと、愛らしい小鳥の姿にいつまでも見とれてしまいます。

今回は、何気なく目を止めた京都から出店していた店の奥に置かれてあった調味料入れと、塩を入れる小さな器にめぐり合うことができました。他の店では、数万円もするオールドノリタケもいくつか見かけましたが、とても手に入れることはできないので断念。帰りがけに、アールヌーボー様式の小皿もゲット。3点買っても、1万円以下という満足な買い物ができました。

戦利品

骨董品との出会いは、本当に「一期一会」です。

こうして、オールドノリタケにすっかり心を奪われたマミンカは、翌日「ノリタケの森」に出かけ、その中のミュージアムで、オールドノリタケを堪能してきました。
ミュージアムには、オークションでは数十万円の値がつく美しいオールドノリタケの数々が展示されていましたが、中でも二人のモダンガールが器をかかえるように向かい合う小皿は、いつまでも眺めていたい気分になりました。


モガ
ミュージアムには、確かこの器の色違いが展示されていたはず。

ミュージアムには、パーティー用の取っ手のついた小皿もいくつか並んでいました。取っ手は指を引っ掛けて持ち歩けるように考えられたものという説明書に関心。また、セロリ皿という楕円形の皿と、塩皿のセットもいくつか展示されていましたが、アメリカでのセロリ普及率を反映しているのか、他にネーミングが思いつかなかったのかと思わず突っ込みたくなってしまいました。マミンカが、今回骨董祭で手に入れた小皿も、どうやらセロリ皿についていた塩皿のようです。

鯉のぼり
「ノリタケの森」では、鯉のぼりが元気よく泳いでいました。

華麗なるオールドノリタケの世界

ノリタケの森
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。