categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category音楽

待望の「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観てきました

trackback0  comment2
映画

待ちに待った「のだめカンタービレ最終楽章 前編」が12月19日に遂に公開されましたね。先日、マミンカもメルンカと前売り券を手に名古屋駅近くの映画館へ向かいました。
ミッドランドスクエアシネマは昼の部はほとんど完売だったようですが、隣の三井ビルにあるピカデリーでは意外にもすんなり席を確保できました。
今回の映画の前編のロケ地となったのは、フランスのパリ、スロバキアのブラチスラヴァ、チェコのブルノ、オーストリアのウィーン。公式HPによると、スタッフは、映画製作のためにオーケストラのシーンで使われるホールをルーマニア、ポーランド、ハンガリー、オランドなど計8カ国を探し回ったとのこと。

オープニンングで千秋の指揮シーンを撮影したウィーンの学友教会のホールは2年先まで予定の決まっていたのが、何と突然1日だけキャンセルが出たため撮影が可能になったらしいです。パリのサン・ルイ島では月に一度しかロケが許可されない中で「のだめ」が唯一選ばれたとのこと。確か、ここは千秋とのだめが「音楽」について語り合うロマンチックな夜のシーンで使われていたはず。

さらに磨きがかかった千秋の指揮シーン、映画館がまるでコンサートホールになったかのような演奏シーンは感動的でしたが、前編を観ただけでは、「のだめ」の世界を堪能できたとはとても言えません。
後編では、あのミルヒーとのだめがショパンの協奏曲を奏でるシーンがあったり、プラハの美しい景色も登場するらしいので楽しみです。
それにしても、後編の公開が来年の4月とは、遅すぎる。それに、(当然と言えば当然ですが)パンフレットも前編用のみがが用意されていて、何だかまんまとあちらのペースにのせられているような気分に。

気を取り直して、ミッドランドスクエアの地下でいつも長い列ができている、カフェ「サロン・ド・モンシュシュ」で「堂島ロール」を初めて買って帰りました。今までの生クリームの常識をくつがえすようなクリームのおいしさで一日をしめくくることができました。


のだめカンタービレ 最終楽章 前編
スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。