categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

年の瀬の小さな旅 その2 京都

trackback0  comment0
昨日に引き続き、今日は名古屋から新幹線で35分ほどの京都に出かけました。

今度の旅の目的は、願いことを叶えてもらいに「鈴虫寺」と「北野天満宮」を訪れること、アメリカから一時帰国している夫のリクエストに応えて「金閣寺」を観る事。そして兼ねてからマミンカが行きたかった京都の個性的な書店「恵文社」を訪れることでした。

京都駅からタクシーを飛ばして「鈴虫寺」を訪れて驚いたのは本当に鈴虫が鳴いていたこと。そして住職の説法もユーモアたっぷりで楽しめました。

途中、ひとつは有名なお庭を観ておこうと「龍安寺」にも足を延ばしました。
石庭
これが有名な「龍安寺」の石庭。


「北野天満宮」では、来年高校受験を控えているメルンカの合格祈願をしてきました。ここは梅の名所でもあるということなので、境内の梅が満開の頃、またいつか出かけてみたいです。また来年の干支でもある牛の像が、天神さまの神使ということで何体も置かれていたので、なでてきました。何かご利益があるといいんですが。

「金閣寺」は、小学校の修学旅行以来何十年振りに訪れたんですが、やはり圧巻でした。世界に誇る名建築ですね。
金閣寺


そして、ここを目指して京都を訪れる人もあるという「恵文社」。カルチャーに関心のある人ならきっと何時間も居座ってしまうであろう本当に素敵な書店でした。今ではおなじみになったオブジェつきのチェコのブックマーカーや、日本製のエクスリブリスまで売られていました。マミンカは、ここで「チェドック」の店主である谷岡さんが書かれた「チェコへ、絵本を探しに」を購入。帰りの新幹線でさっそく懐かしくページをめくってしまいました。

書店
これが、「恵文社」の入り口。京都駅へ向かうときに乗った叡山電鉄の車両は座席が窓の方を剥いていてさすが紅葉の名所を走る鉄道だけあって気が利いていると関心してしまいました。一両だけで走っている車両がとてもかわいかったです。

今回ひとつだけ残念だったのは、京都の名物のひとつ「豆かん」を食べ損なったこと。今度は是非味わってみたいです。どなたか名古屋で「豆かん」を食べられるお店をご存知でしたら是非おしえてくださいね。

スポンサーサイト
category名古屋・近郊案内

年の瀬の小さな旅 その1 常滑

trackback0  comment0
年末の休みを利用して、本当に久しぶりに中部国際空港近くにある焼き物の町「常滑」へ出かけてきました。

陶磁器会館をスタートして、ぐるっと1時間半ほどの散歩道を散策してきたのですが、今は使われていない哀愁ただよう窯、土管が埋め込まれた坂道、民家を利用したおしゃれな雑貨店など、いろんな発見があって楽しい時間を過ごすことができました。
土管
これが、常滑のランドマーク的な存在の土管坂。

マンホール
常滑のマークと市の花「さざんか」がデザインされたマンホール。この日もたくさんのさざんかを見かけました。

散策の途中で立ち寄った工房で、とても使い勝手のよさそうな急須を購入。特にマミンカが気に入ったのは、「MILKY COKE」という甘味喫茶やパン工房、ギャラリーなどが集まったエリアで、木の引き戸のレトロな雰囲気の甘味喫茶「侘助」ではぜんざいをいただいてきました。

喫茶
「MILKY COKE」というエリアにある甘味喫茶「侘助」。店内にはモダンな常滑焼の器も展示販売されていて、BGMにジャズが流れるとても居心地のいい喫茶店でした。

散策路の最後の方で見つけた「KANDA百貨店」は、以前に雑誌で紹介されていたので何となく記憶に残っていたのですが、カフェも併設されていて、昭和の雰囲気たっぷりの素敵なお店でした。

雑貨店看板
見落としていまいそうな「KANDA百貨店」の入り口。

店
おばあちゃんの家を訪れたような懐かしさを感じるお店でした。

名古屋から車で1時間ほどの常滑市。ぶらっと出かけるのにお勧めの場所です。

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。