categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

4月12日のNHK探検ロマン世界遺産はプラハ

trackback0  comment1
昨日放送されたNHKの「探検ロマン世界遺産」は、中世の宝石と絶賛される美しいプラハの街並みや文化をどのように人々が守り抜いてきたかについて特集していました。

チェコの侵略の歴史を振り返ってみると、10世紀に王国ができ、15世紀からハプスグルク家の支配を受け、第一次大戦後の1918年にチェコとスロバキアが合同してチェコスロバキアを建国。その後第二次大戦中はナチスによる占領と国の解体、戦後は旧ソ連の圧力により共産化し、1968年の「人間の顔をした社会主義」を目指した民主化運動「プラハの春」は旧ソ連の軍事介入により阻止されましたが、1989年11月の「ヴェルベット革命」で国民悲願の民主化を達成。1993年にはスロバキアとの連邦を解消しています。

番組の冒頭は、リブシェ伝説で知られる「ヴィシェフラッド」を右手に、ブルタヴァ川を船で下ってくるシーンで始まり、アールヌーヴォー建築が立ち並ぶ様子が映し出されていました。

ヴィシェフラッド


その後は、カレル4世の時代、14世紀後半から15世紀初めに建造され、両側の欄干に30体の聖人が並ぶカレル橋や、ゴシック、ルネッサンス、バロックの建築様式の建物が立ち並ぶ旧市街広場、14世紀から600年かけて建造されたヴィート大聖堂などが登場しました。

ヴィート大聖堂のステンドグラスから差し込む光の美しさには息をのみました。また、聖ヴァーツラフ礼拝堂の壁が美しい宝石で飾られていたとは知りませんでした。

今回の番組の中では、ナチス支配化の時代のプラハの様子、「プラハの春」の時に、歌で民主化を訴えた歌手マルタ・クビショヴァさんが紹介されていました。彼女は、プラハの春以後、歌手としての活動を禁止されていましたが、「ヴェルベット革命」の時、ヴァーツラフ広場のある建物のテラスで民衆の前で再び歌を披露していました。その時のテラスが、マミンカは今のホテル・ヤルタだと思うのですが。
この他、旧ソ連支配下にあった中で、地下出版という形で命がけで主義主張を唱え続けた人々の出版物を保存している「秘密出版図書館」なども紹介され、今でもこういった図書館が存在することに驚きをおぼえました。

また、「プラハ市博物館」に展示されている1830年代に11年かけて作られたというプラハ市の精巧なミニチュアを紹介しているのは興味深かったです。このプラハ市博物館は、プラハのヒルトンホテル近くにあり、ちょっと観光スポットから離れてはいるのですが、時々おもしろい企画展も開かれるので、お勧めです。
プラハ市博物館
場所的に観光客にはあまり知られていないプラハ市博物館。2002年の洪水の時、このあたりの被害は深刻でした。

ハプスブルク家の支配下でドイツ語が強制されていたチェコ人が、チェコ語が使えるのが人形劇や民謡だけだったことから、チェコ語で人々の思いを表現するために受け継がれてきたマリオネットの文化についても触れていました。

その時登場したカレル橋のたもとにあるマリオネット店はマミンカも時々訪れましたが、自分の子どもなどの写真を持参すれば、費用は日本円にして確か1万円くらいかかるそうですが、オリジナルのマリオネットを製作してもらえると、以前に聞きました。今更ながら、メルンカは自分の顔でマリオネットを作ってほしかったなどと言っています。プラハに長期滞在か、駐在しているみなさん、オリジナルのマリオネットをオーダーすることがあったら、是非出来栄えなどをおしらせくださいね。

マリオネット店
これが、カレル橋のたもとにあるマリオネット店。オリジナルのマリオネットもオーダーできるはずです。

ティーン教会裏広場
このティーン教会の東にある広場の一角にも前に紹介したマリオネット店の姉妹店があります。

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。