categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryカフェ

名古屋・大須「珈琲ぶりこ」のカリモクの椅子とヨゼフ・ホフマンの椅子

trackback0  comment2
桜がちらほら咲き始めた今日、マミンカはメルンカと、名古屋の名駅、栄に次ぐ繁華街の大須巡りに出かけました。
目的は、この半年くらい前から気になっていた大須にある町屋カフェ「珈琲ぶりこ」の名物ともいえる、カリモクのヴィンテージの椅子に座ってスイーツをいただくこと。この「ぶりこ」は、名古屋のタウン誌などでもすっかりおなじみのカフェとなっていることから、予想通りほぼ満席でしたが、運よく二階の角の席に落ち着くことができました。

憧れのカリモクのチェアは年代物なので、一度座ると立ち上がるのがちょと難しいようなヘタリ感はありましたが、やっぱりいい味が出ていて、先日スゥさんがコメントしてくださったように、マミンカも子どもの頃遊んだ「リカちゃんハウス」に入っていた、あのグリーンの椅子を思い出しました。

リカ
これが、マミンカが子どもの頃遊んだリカちゃんハウスの写真。椅子の色がカリモクの椅子とそっくりだと思いませんか?

リカちゃんのHP

本日注文したスイーツは、「抹茶パフェ」で、大きめのグラスに盛り付けられたアイスクリームや抹茶のシフォンケーキやチーズケーキなどがかなり、ボリューミーでした。少々クリームが重かったので、次回はソフトドリンクをオーダーしてみようと思います。

椅子
憧れの(?)カリモクのヴィンテージチェア。マミンカは、後ろの窓にレトロな柄のカーテンでもつけたらもっと素敵になるのにと残念でした。

パフェ
これが、「抹茶パフェ」

珈琲ぶりこ

カリモクが気になって、いろいろ調べてみたら、日本で1950~60年代に作られたものにスポットを当てて、 60VISION構想が立ち上がっているようです。その中で2002年に「カリモク60」と名づけたブランドが生まれ、復刻版が生産されているとのこと。マミンカが今日座った椅子も生産されているようで、いつか部屋のスペースとお金に余裕ができたら、手に入れたいと思うのですが。

カリモク60
これが、「ぶりこ」にあった椅子の復刻版「カリモク60」です。

60VISIONについて気になったらこちらへ。
60VISION


ところで、椅子つながりで、ウィーン分離派を創設したチェコ出身のヨゼフ・ホフマンを思い出しました。プラハの「市民会館」の展示や、「キュビズム博物館」で彼が手がけた椅子を見たのですが、ホフマンの椅子は岐阜県高山市の飛騨高山美術館にも展示されているんです。チェコで暮らす前にその美術館を訪れた時は、気にも留めなかったんですが、今ではウィーンのとあるインテリア&アンティークショップで売られていたミニチュアのホフマンの椅子を買っておけばよかったと後悔しています。

日本でもホフマンの椅子の復刻版は手に入るようですが、こちらはかなり予算がオーバーしてしまいそうです。
大塚家具デザイナーズコレクション

飛騨高山美術館 ウィーンの部屋

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。