categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category博物館・美術館

絵本好きなら必見の「チェコ絵本とアニメーションの世界」展

trackback0  comment0
今日は、初夏のような空の下、愛知県刈谷市で開催中の「チェコ絵本とアニメーション」展に出掛けました。

今回は、チェコで同じ時期を過ごした親子3組とで観ることができたので、母たちは当時の思い出話や近況報告をしながら、子供たちもアニメのコーナーで一緒に見入ったり、絵本の試読をしたり、楽しいひとときを過ごしました。

本展は、プラハから快速電車で約2時間というハヴリーチクーフ・ブロトという聞きなれない町にあるハヴリーチクーフ・ブロト美術館をはじめ、プラハ市美術館、プラハ国立美術工芸博物館などの協力で開催されています。中でもブロト美術館は、1918年以来のチェコの本のイラストレーション7000点以上を収集しているそうで、ヨゼフ・チャペック、アドルフ・ホフマイステル、イジー・トゥルンカなどの大御所の作品が数多く出展されていて圧巻でした。

マミンカが古本屋に通って集めたヨゼフ・チャペックの本の挿絵の原画があったり、子供たちに大人気のクルテクのセル画なども展示されていました。この他にも近年注目されている作家の作品も数多く展示されていてとても興味深かったです。

展示期間中には、「アリのフェルダ」「もぐらくんとズボン」「おおいぬフィーク」などのアニメーションも上映されています。上映されているアニメ作品を観た後で、チェコにいる間に、夕方7時から毎日放送されていた子供向けアニメ番組をもっと観ておけばよかったと、大いに後悔しました。

会期は、前期4月21日~5月6日と、後期5月9日~27日に分かれていて、一部展示替えが行われるらしいので、是非後期の展示も観に出掛けようと思っています。


刈谷市美術館のHPです。
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/


入り口
美術館の入り口では、ヨゼフ・チャペックの絵本でおなじみの”こいぬとこねこ”が出迎えてくれます。


パンフ
本展の図録とパンフレット。図録はなかなか読み応えがあります。


ヨゼフの本
マミンカが集めたヨゼフ・チャペックの装丁本。このデザインが使われているヨゼフ・チャペック・グッズも販売されていたので、持っている本がデザインされているストラップを買いました。
スポンサーサイト
category名古屋・近郊案内

レトロな雰囲気と大阪名物が楽しめる「道頓堀極楽商店街」

trackback0  comment1
プラハとはまるで関係ないんですが、マミンカ一家が大阪で大いに楽しんだフードテーマパーク「道頓堀極楽商店街」を、今回は紹介します。

ここは、道頓堀のど真ん中にあり、入り口には巨大なえべっさんの看板があるので、すぐにわかるはず。食のテーマパークなので、大阪名物のたこやき、お好み焼きはもちろん、クレープやアイスなどが味わえる店が所狭しと並んでいたり、カフェーや、占い横丁、専属の劇団が奇想天外な芝居を見せる広場などもあります。

マミンカが特に気にいったのは、昭和初期の街並みを再現しているところ。かれこれ20年近く前からレトロファン(最近では、自分がレトロな人になりつつあるような)のマミンカはもちろん、ヤブルコやメルンカにも新鮮に映ったようです。

このテーマパークで限定販売されている食品サンプルマスコットや、文房具などを見て回るだけでも楽しいので、大阪にお越しの際は、是非出かけてみてください。



えびす
入り口を見上げると、巨大なえべっさんの看板があります。


内部
パーク内は、まるで昭和初期の大阪へタイムスリップしたよう。

芝居
専属劇団のお芝居も見もの。宙吊りもあります。

「道頓堀極楽商店街」のHPはこちら。
http://www.doutonbori-gokuraku.com/
category雑貨

東欧雑貨&カフェ「チャルカ」へ行ってきました。

trackback0  comment1
東欧雑貨ファンのバイブルともいえる「チャルカの東欧雑貨買い付け旅日記」という本があります。この著者が開いている東欧雑貨店「チャルカ」へ出かけることも、今回の大阪ツアーの大きな目的でした。

地下鉄・長堀鶴見緑地線の「西大橋」駅から、徒歩で約5分の場所にその店はありました。店全体に、手作りの暖かい雰囲気があふれ、右手のカフェスペースは、まるで誰かのお宅にお邪魔しているような心地よさがありました。

マミンカ一家が訪れた時は、ハンガリーのおばあちゃんたちが着ているようなエプロンがたくさん並んでいて、スタッフの皆さんも素敵に着こなしていました。
マミンカは、チャルカの最新刊で、チェコのガラスボタンについてつづられた「りんごの木の村で」と、チェコっぽいハンカチ、ハンガリーの刺繍切手などを買ってきました。

チャルカは、年に2回、東欧雑貨買出しツアーも企画しているそうで、5月のツアーはすでに満員とのこと。マミンカも荷物持ちでもいいから、連れて行ってほしいです。


店頭
チャルカでは、エプロンまつり開催中。

コラーチ
チェコのお菓子屋さんでよく見かけた、コラーチ。美味しかった。

文具
チェコの文具や、切手も並んでいました。

チャルカのHPはこちら。
http://www.charkha.net/index.php
category博物館・美術館

フンデルトワッサーの作品で遊べるキッズプラザ大阪

trackback0  comment2
先日も報告したように、マミンカ一家は週末に大阪に出かけ、ウィーンで訪れたフンデルトワッサーの作品に触れるため、キッズプラザ大阪にも足を延ばしました。

地下鉄の「扇町」の入り口を出ると、とても存在感のある建物が目に飛び込んできて、この建物の設計もフンデルトワッサーが担当したのかと思いきや、彼の作品はキッズプラザの4、5階にあるこどもの街の部分だけでした。

でも、ヤブルコやメルンカが水を得た魚のように遊びまわっていたその空間は、まさにウィーンで見たクンストハウスの内部とそっくりでした。

マミンカも、どこへ続くか想像できないような空間を思わず童心にもどって駆け巡ってしまいました。

外観
超近代的な外観です。関西テレビもこのビルの中にあります。


内部

これがフンデルトワッサーの世界です。

窓


キッズプラザ大阪のHPはこちら。
http://www.kidsplaza.or.jp/

categoryCM

サントリー飲料DAKARAのプラハロケCM第二弾

trackback0  comment4
昨日、マミンカ一家は、初めて大阪のUSJに出かけました。GW前ということで、そんなに混んでいなかったのが幸いし、スパイーダーマンや、ターミネーター、バックトウーザフューチャー、ET、ジョーズなどのアトラクションはほとんど制覇し、トロピカルデコ風のシアターで、セサミストリートの映画も観ることができ、ラッキーでした。
足を棒にして宿泊先のホテルに戻ると、DAKARAのプラハロケCMの第二弾が流れていたので、早速またロケ地について、紹介しておきますね。

まず、最初に映っているのは、ご存知国民劇場の前にある、カフェ・スラヴィア「Cafe Slavia」。このカフェは、マミンカがプラハに住み始めた2002年頃は、日本人に対する接客態度が悪いとのうわさが広まっていたので、帰国寸前まで足を運ぶことはありませんでしたが、プラハのカフェ本「Prague Cafes」でこのカフェにまつわるエピソードが書かれていて、それに魅かれて訪れたら、サービスも雰囲気も何のことはない普通のカフェでした。

ここは、朝の比較的早い時間に出かけて、ブルタヴァ川側の席を陣取ると、窓からプラハ城やペトシーンの丘が見えて、プラハにいるんだという実感にひたることができます。

スラビア入り口
こちらは、国民劇場側にある入り口です。

カフェ内部
前ハヴェル大統領も常連だったというカフェの内部です。

CMの途中に映る、カフェらしき部屋については、残念ながら撮影場所がどこかはわかりませんでした。

最後に出てくるのは、プラハ城からネルドヴァ通りに下りてくる有名な坂道です。


坂道のウシ
2004年のカウパレードの時、この坂道にはこんなエルメスのスカーフっぽい牛がいました。

ところで、DAKARAのCMの中で踊るピグリンの踊りが妙に上手いと思っていたら、この気ぐるみを着ているのは新国立劇場バレエ団の本島美和さんというダンサーだそうです。

くわしくは、新国立劇場のHPで。
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/20000123.html
categoryCM

サントリー飲料・DAKARAのCMロケ地はプラハ

trackback0  comment2
夜、何気なくテレビを見ていたらまたまた、プラハのどこかで見た景色がCMに登場していました。

ふしぎな動物(ブタさん?)が踊りながら進んでいく背景に映っているのは、おそらくプラハのパリ通りのはずれあたりで、半円形の窓が見えるカフェは、マミンカも足蹴しく通った「カフェ・サボイ」の二階部分と思われます。

サントリーのHPでこのCMが紹介されていますので、皆さんも目を凝らして観て下さいね。
ちなみに、サントリーに問い合わせたら、ロケ地はやはりプラハとの回答をいただきました。でも、くわしい場所までは、公表していないとのことでした。

外観
これが、「カフェ・サボイ」の外観です。

二階部分
どうですか?CMで使われたカフェだと思うのですが。

二階の天井
天井には、果物の装飾が施されていて素敵です。

CMの最後に登場する、白い部屋はマミンカ一家が住んでいた部屋にとてもよく似ていて、なつかしく思いました。

サントリーDAKARAのHPはこちら。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/dakara/main.html

category名古屋・近郊案内

明治村の「京都市電」とプラハの「91番トラム」

trackback0  comment2
今日は、花冷えの中、マミンカ一家は愛知県犬山市にある博物館・明治村に出かけました。そこで、プラハで乗った懐かしい「91番トラム」に似た京都市電や、20世紀初頭の数多くの美しい建物を観てきました。
花冷えとは言っても、村内に咲いている桜はほとんど三部咲きくらいで、お花見とはいきませんでしたが、ほとんど20年振りに訪れた明治村は、とても新鮮でした。

ちょっと強引ですが、「91番トラム」と「京都市電」を比べてみました。「91番トラム」は、おそらく1905年に電気式に変わったプラハのトラムで、「京都市電」は1895年に開業した京都市電の車両で、明治村のは1910年から1911年に製造された大型車両です。市電前
「京都市電」の前面。

市電内部
「京都市電」の内部。布団たたきのような、つり手がおもしろいです。

トラム内部
これは、「91番トラム」の内部です。木が多く使われていて、「京都市電」と似ていませんか?

トラム終点
「91番トラム」です。レトロな雰囲気が味わえるので、是非乗ってみてくださいね。

少し古いかもしれませんが、「ANONE」さんのブログから入手した情報を載せておきます。

プラハ交通博物館 1903年に路面電車修理のために建てられた建物を利用して、プラハ交通博物館が1993年にオープンしました。現在この博物館には、歴史的な馬車の路面電車から路面電車、トロリーバス、バスなどがあわせて50台展示されています。開館日・時間は、4月1日から11月17日までの土日や休日の午前9時から午後五時までです。 観光シーズンには、歴史的な観光路面電「91番トラム」が博物館から運行されています。観光トラムは4月1日から11月17日までの土日や祝日に、正午から午後五時までの間、毎時運行されています。このコースは、プラハ市街地や見ごたえののある町中を通って、終点のヴィースタヴィシュチェ(V?stavi?t?)駅までとなっています。全走行時間はおよそ45分です。この観光路面電車の乗車賃は、たった25コルナというお得な値段です。

そして、明治村のHPはこちら。
http://www.meijimura.com/


New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。