categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category名古屋・近郊案内

愛しき招き猫たち

trackback0  comment2
秋晴れの土曜、瀬戸線にゆられて毎年開かれている「来る福招き猫まつり」にメルンカと出かけました。残念ながら、楽しみにしていた「スタンプラリー」は台紙(うちわ)が売り切れで参加できませんでしたが、昔ながらの街並みを様々なイベントを楽しみながら散策してきました。

お目当ての「陶製まねきねこ弁当箱」つきの抹茶寒天小倉という和風デザートも味わってきました。この「ウオコー」というまるで魚屋みたいな名前の店は、テレビ局が結構取材にきているらしく、サインが壁に所狭しと貼られていました。手作りのプリンやあんみつ、スパゲティなどが味わえる、ちょっとレトロな雰囲気の人気店です。

マミンカの一推しは、何と言っても「招き猫ミュージアム」。ここには、「日本招猫倶楽部」の世話役をつとめる坂東寛司・荒川千尋夫妻の個人コレクション数千点が展示されています。(マミンカのコレクション数はほんの20数点。)建物は、倉庫を全面改築した、大正ロマン漂う外観となっていて、目を引きます。あいにく、博物館内は、撮影禁止のため、チャーミングな猫たちの写真は載せられませんが、下にマミンカが瀬戸で買い求めてきた猫たちを紹介しますね。


博物館
大正ロマン漂う招き猫ミュージアム。

ショーケース
招き猫博物館の隣にある「おもだか屋」のショーケース。

招き猫
愛しき招き猫たち。ちなみに真ん中の大きい子は、チェコ製です。

メルンカは「ノベルティ・こども創造館」というところで壁掛け招き猫の絵付けを体験しました。招き猫作りも少し体験できましたよ。

この日は、招き猫メイクをして歩いている大人や子供がいましたが、あの後、あの顔で電車に乗って帰っていったのか、ちょっと気になります。

今回は「窯垣の小径」には時間がなくて行けなかったので、次回は、昔のせとでんなどが展示されている「瀬戸蔵ミュージアム」とともに、出かけてみたいと思います。


マイセンの鐘
昨年、万博記念に建てられたマイセン製の鐘です。音を伝えられないのが残念。

風船猫
「招き猫博物館」の前の「遊び場」で働いていた(?)招き猫。

看板猫
ある店先で店番をしていた妙に人間くさい招き猫。


長屋
こんな長屋も残っていました。
スポンサーサイト
category音楽

GLAYの新曲「夏音」のPVはまるでカレル・ゼマンの世界

trackback0  comment0
普段GLAYなど聴く事がないマミンカですが、先日「めざましテレビ」で彼らの新曲「夏音」のPV(プロモーションビデオ)がCGなど使わないアニメーションであると紹介されたその映像を見た瞬間、目が釘付けになりました。まさに、以前観たカレル・ゼマンの切り紙アニメ「ホンジークとマジェンカ」の世界そのものだったからです。

カレル・ゼマン(1919-1989)は、テェコアニメの創始者とされ、その作り出される映像の美しさから幻想の魔術師と呼ばれています。


「夏音」のPVの美しい映像を是非見てみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=ZmQ2_SnKtPM

natuoto
「夏音」のジャケット。


ホンジークとマジェンカ1
「ホンジークとマジェンカ」より。


ホンジークとマジェンカ2
「ホンジークとマジェンカ」より。

「ホンジークとマジェンカ」について、少し紹介させてください。
1980年に製作された切り紙アニメで描くゼマン最後の長編。
立ちはだかる障害を魔法で切り抜けたり、3人の妖精に助言を与えられながら、世界を旅するホンジーク。ある日、ホンジークは妖精マジェンカに出会い恋に落ちます。しかし、2人の愛を試す苦難が次々と襲い掛かります。多くの年代記は伝説や戦争の話ばかりで、愛や幸せについては書かれていないと語る本作は真実の愛と、戦争のない生活を望む祈りにも似た作品となっています。(DVD解説より)
心が痛くなるような出来事が多い今の時代に、マミンカもなるべく多くの人々にこの作品を観てほしいと思います。


category未分類

やっと、市民会館前を運行するトラムが再開したそうです。

trackback0  comment2
前回の郵便博物館の記事で、市民会館前のRevolucni通りをトラムが運行していないと書きましたが、9月16日午前4時より再開されたそうです。以前と同じく、5番・8番・14番のトラムが通っています。
郵便博物館利用は「Dlouha trida」で下車です。以上、プラハの友人から情報を送ってもらいました。
また、プラハに住む皆さんや、他国へ転勤された方からも、コメントなど送っていただけたら幸いです。


工事現場
市民会館前に建設中のショッピングモールの写真です。ただし、現在は工事が進んでかなり風景が変わっていることでしょうね。

プラハでは古い建物を修復している工事現場をよく通りかかりました。何と言っても驚いたのは、このようにゴミ箱をつなげたような管を使って内部の廃材を運び出していたことです。日本では、絶対に見かけない光景ですよね。
category場所

貴重な古切手と、フレスコ画が鑑賞できる郵便博物館

trackback0  comment0
ある方から、プラハの郵便博物館について問い合わをいただいたので、切手ファンのみならず、グラフィックアートや、絵画に関心がある方にもお勧めのこの博物館を今回は紹介しておきます。

この郵便博物館は、市民会館北のコトバ(Kotva)デパートから、徒歩で約10分の古い塔のすぐ脇にあります。現在は、ショッピングモールの大工事でとトラムはおそらく走っていませんが、トラム通りであるRevolucni通りを北に歩き、東側のKlimentska通りに入ったら、今度はすぐ左のNove mlynska通りに入るとあります。1606年から立っている給水塔がこの通り名(おそらく新しい水車という意味)の由来になっていると思われます。

17世紀に建てられたこの建物では、二階に上がると想像以上に素晴らしい当時のフレスコ画を観ることができます。
一階の展示室には、1840年以降のヨーロッパの切手FDCがパネル状の展示板にうまく納められています。マミンカは、ここで気に入ったFDCをチェックしておいてKlimentska通りの切手屋に通いつめてFDCを買ったものです。時間があったら、切手屋めぐりなども、楽しんでくださいね

郵便博物館
ここが郵便博物館です

塔
この古い給水塔が目印。




住所 Novy mlyny 2 プラハ1区
電話番号  +42 2 231 2006
開館時間  月曜以外の9時から5時
category場所

世界遺産カレル橋でルイ・ヴィトンが計画したイベントって?

trackback0  comment0
プラハの最新ニュースによると、あのルイヴィトンが9日午後から10日午前までカレル橋を一般通行止めにしてイベントを行うことを計画していたそうですが、プラハの誇る世界遺産であるカレル橋をレンタルさせることに批判が相次いだため、この計画を断念したそうです。

マミンカとしては、いったいどんなイベントを計画していたのか、興味が湧くところですが、プラハ歴史地区の最古の石橋をイベント会場にしてしまうのは、やはり行き過ぎだったと言わざるを得ないでしょうね。

ルイヴィトン側は、チェコ南部の古城や、ブルタバ川の岸で開催するよう計画を変更したとのこと。また、6日と7日にはマドンナのプラハ公演も行われていて、こちらも十字架を使った演出に非難が高まっているようで、ここ数日はプラハが騒がしくなりそうですね。カレル橋

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。