categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category建築

ゴージャスなアールヌーボー建築「ノバークの家」「トピック」「プラハ」

trackback0  comment3
プラハの街を上を見ながら歩いていると、数多くの美しい建築に時々目を奪われます。とはいっても、普通の観光客はあまり上を見て歩いていないので、マミンカはもっと上の方の景色も見てほしいと思います。ただ、上ばかり見てばかりいると、人にぶつかたり、スリに出会ったりするので、気をつけなければいけませんが。

さて、今回はマミンカが、街歩きを始めてすぐに、ガツンと頭を殴られたように感激した三つのアールヌーボー建築を紹介します。これらの建築は、表面に施された美しいタイルが印象的で、本で調べたらどれもOsvald Polivkaという建築家によるものでした。


一つ目は、前の記事でも紹介した「ノバークの家」(U Novaku)。この建物は、1901~4年に、デパートとして建てられました。モザイク画は、Jan Preisler が手がけ、産業と貿易についての寓話が描かれています。現在は大ホールは存在していません。1939年まで地下に劇場がありました。内部のアーケードにより、隣のルチェルナともつながっています。
ノバーク
「ノバークの家」です。住所は Vodickova 30 プラハ1区。


次は、国民劇場の前にある隣接する二つの建物「トピック」(Topic)と、「プラハ保険会社」(Praha)です。


どちらも、1903~7年に建てられ、金属、セラミック、化粧しっくいやガラスにより、豪華な装飾が施されています。「トピック」には以前、Lidove novinyという出版社の本社が入っており、かつてカレルチャペックが編集者として勤務していたということです。
「プラハ保険会社」は、PRAHAという社名の文字の中に作られたガラス窓が特徴的です。

トピックビル
「トピック」ビルです。

プラハビル
「プラハ」ビルです。屋根の下の窓枠に描かれたPRAHAの文字が見えますか?

住所は Narodne trida 9,7 です。

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。