categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

ペトシーンタワー近くのお勧めの散歩道

trackback0  comment2
ペトシーンの丘へは、ウーエストのトラム停近くからケーブルカーで、または結構急な坂道を歩いて上って行くことができます。ケーブルカー乗り場近くには、児童公園があって、ヤブルカもメルンカも大好きでした。
ケーブルカー
ケーブルカー乗り場です。

ペトシーンタワーは、以前にも紹介しましたが、1891年のプラハ万博の時に建てられたので、あの塔は、もう100歳をとうに過ぎているんですね。地下には、万博にまつわる資料が展示されています。

塔の近くには、「鏡の迷路」があって、入り口には、30年戦争当時のカレル橋付近でのスペイン軍との戦いの様子が、ジオラマで展示されています。

さて、お勧めの散歩道は、塔の裏からアメリカ大使館前の通りまで続いているのですが、残念ながらあまり知られていないようです。

階段
ペトシーンタワーの裏を下りていくと、こんなに雰囲気のある階段が続きます。


階段2
もう少し歩くと、旧イタリア病院が左側に見えてきます。


この界隈には、16世紀からイタリア移民が住んでいたため、イタリア通り(Vlasska Ulice)と呼ばれています。彼らの多くは、芸術家や職人で、プラハ城の修復や改築に従事していたそうです。また、この道沿いの旧イタリア病院は、現在イタリア大使館の文化部門に利用されています。そして旧Lobkowicz 宮殿は、現在のドイツ大使館となっています。

この道をまっすぐ下りていくと、右側にアメリカ大使館、Aria Hotelが見えてきます。そして、以前紹介したブルトバ庭園がこの散歩の終着点です。

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。