categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category旅行

ベルリンで見かけた可愛い信号のキャラクター

trackback0  comment0
先週末に、大雪の中、チェコとドイツの国境付近の山道を抜け、ベルリンに出かけました。プラハからベルリンに行くには、車でも鉄道でも約5時間かかります。今回は、行きはタクシーをチャーターし、帰りは鉄道を利用しました。以前にNHKのベルリンを紹介する番組で知って、気になっていた信号のキャラクターグッズを見つけることができました。旧東ドイツ側に設置されている信号の絵が、ユーモラスで、これがキャラクターグッズとして売り出されているのです。マミンカは、6月に開幕するサッカーのワールドカップグッズよりも、気にいってしまい、キーホルダーや、ブックマーク、ポストカードを買いました。このグッズが買えるオンリーショップが、ベルリン大聖堂の前を通り過ぎ、シュプレー川を渡ってすぐの場所にあります。店の前に、キャラクターが描かれた自転車が置いてあるので、すぐにわかるはずです。
今回の旅行では、念願の「王妃ネフェルティティ」の胸像も見てきたので、写真を見てくださいね。この胸像が見たい方は、博物館の島の「旧博物館Altes Museum」を訪れてみてください。
赤信号

青信号

店

胸像

土産

スポンサーサイト

〔テーマ:ドイツジャンル:海外情報

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。