categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category場所

飢えの壁と不思議な人のオブジェ

trackback0  comment1
プラハを一度訪れた人は、もしかしたら見かけたかもしれませんが、ペトシーンの丘の飢えの壁のすぐそばに、奇妙な人のオブジェがあります。飢えの壁は、カレル4世が当時、飢えた人々に仕事を与えるために作らせた壁で、それがこのオブジェと関係があるとは思えないのですが。一度見たら、絶対忘れないインパクトがあるので、もしかしたら待ち合わせ場所にもいいかも?近くのウーエストというトラム停のそばには、ツーリストの強い見方の「ボヘミアンベーグル」もあり、マミンカは、よくスープ&ベーグル(55クラウン=約270円)を注文します。このボヘミアンベーグルには、19世紀頃に作られたという紙やテキスタイル用の版画の板(ウッドブロック)が壁に飾られていて、おもしろいです。人のオブジェ

版下

スポンサーサイト
category建築

プラハの三つのロトンダ

trackback0  comment0
プラハは、マミンカのような建築マニアには、とても魅力的な街です。今日は、ロマネスク建築、明日はキュビズム建築、あさってはゴシック建築と、それこそ日替わりで様々な時代の建物を見に行くとこができます。プラハには、11~13世紀に建てられた教会もいくつか残っていて、マミンカは中でも次の三つのロトンダが気に入っています。ロトンダ(ROTONDA)とは、基底が円形の建物、円形の広間を意味し、古くは中世ヨーロッパの城、教会建築の塔や居室などに採用されてきたデザイン。日本でも大正から昭和初期にかけて建てられた洋館建築にその例があります。
一つ目は、ヴィシェフラッドの聖マルチンのロトンダ、二つ目は国民劇場の北にある聖十字架礼拝堂(この教会の格子垣はチェコの画家ヨゼフーマーネスがデザインしたそうです)このロトンダのすぐ隣に1920から40年代の本が見つかるマニアックな古本屋があります。、そして三つ目はカレル広場の近くにあるロトンダです。興味があったら、足を延ばしてみてくださいね。ヴィシェフラッド

国民劇場北

カレル広場そば

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

category未分類

ブルタバ川の白鳥・鳩・その他の鳥

trackback0  comment2
今日、ヴィシェフラッドに行った帰り、ブルタバ川のほとりを歩いていたら、大量のパンを車に積んできて、川にいる白鳥たちにパンを与えているカップルを見かけました。以前、子供たちと遠足に出かけた時、私たちを見て、(エサがもらえると思って)どーっと大移動してくる白鳥たちに、大うけたしたことがありました。今回は、川に暮らす鳥たちが、こういう人たちに支えられているんだなと、少し感動してしまいました。鳥

category未分類

最新型トラム

trackback0  comment1
昨年の暮れあたりから、最近型のトラムが試運転しているのを見かけてはいましたが、今日はとうとう、試運転ではないトラムを目撃しました。思わず、シャッターを切ったものの、あまりきれいに撮れてはいませんでした。みなさんに、感じだけつかんでいただければうれしいです。個人的には、マミンカは9番トラムでよく使われているような、「縦ゆれ型トラム」に愛着を感じているので、最新型に全て替わってしまうのは、少し残念です。トラム

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。