categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category音楽

待望の「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観てきました

trackback0  comment2
映画

待ちに待った「のだめカンタービレ最終楽章 前編」が12月19日に遂に公開されましたね。先日、マミンカもメルンカと前売り券を手に名古屋駅近くの映画館へ向かいました。
ミッドランドスクエアシネマは昼の部はほとんど完売だったようですが、隣の三井ビルにあるピカデリーでは意外にもすんなり席を確保できました。
今回の映画の前編のロケ地となったのは、フランスのパリ、スロバキアのブラチスラヴァ、チェコのブルノ、オーストリアのウィーン。公式HPによると、スタッフは、映画製作のためにオーケストラのシーンで使われるホールをルーマニア、ポーランド、ハンガリー、オランドなど計8カ国を探し回ったとのこと。

オープニンングで千秋の指揮シーンを撮影したウィーンの学友教会のホールは2年先まで予定の決まっていたのが、何と突然1日だけキャンセルが出たため撮影が可能になったらしいです。パリのサン・ルイ島では月に一度しかロケが許可されない中で「のだめ」が唯一選ばれたとのこと。確か、ここは千秋とのだめが「音楽」について語り合うロマンチックな夜のシーンで使われていたはず。

さらに磨きがかかった千秋の指揮シーン、映画館がまるでコンサートホールになったかのような演奏シーンは感動的でしたが、前編を観ただけでは、「のだめ」の世界を堪能できたとはとても言えません。
後編では、あのミルヒーとのだめがショパンの協奏曲を奏でるシーンがあったり、プラハの美しい景色も登場するらしいので楽しみです。
それにしても、後編の公開が来年の4月とは、遅すぎる。それに、(当然と言えば当然ですが)パンフレットも前編用のみがが用意されていて、何だかまんまとあちらのペースにのせられているような気分に。

気を取り直して、ミッドランドスクエアの地下でいつも長い列ができている、カフェ「サロン・ド・モンシュシュ」で「堂島ロール」を初めて買って帰りました。今までの生クリームの常識をくつがえすようなクリームのおいしさで一日をしめくくることができました。


のだめカンタービレ 最終楽章 前編
スポンサーサイト
category音楽

GLAYの新曲「夏音」のPVはまるでカレル・ゼマンの世界

trackback0  comment0
普段GLAYなど聴く事がないマミンカですが、先日「めざましテレビ」で彼らの新曲「夏音」のPV(プロモーションビデオ)がCGなど使わないアニメーションであると紹介されたその映像を見た瞬間、目が釘付けになりました。まさに、以前観たカレル・ゼマンの切り紙アニメ「ホンジークとマジェンカ」の世界そのものだったからです。

カレル・ゼマン(1919-1989)は、テェコアニメの創始者とされ、その作り出される映像の美しさから幻想の魔術師と呼ばれています。


「夏音」のPVの美しい映像を是非見てみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=ZmQ2_SnKtPM

natuoto
「夏音」のジャケット。


ホンジークとマジェンカ1
「ホンジークとマジェンカ」より。


ホンジークとマジェンカ2
「ホンジークとマジェンカ」より。

「ホンジークとマジェンカ」について、少し紹介させてください。
1980年に製作された切り紙アニメで描くゼマン最後の長編。
立ちはだかる障害を魔法で切り抜けたり、3人の妖精に助言を与えられながら、世界を旅するホンジーク。ある日、ホンジークは妖精マジェンカに出会い恋に落ちます。しかし、2人の愛を試す苦難が次々と襲い掛かります。多くの年代記は伝説や戦争の話ばかりで、愛や幸せについては書かれていないと語る本作は真実の愛と、戦争のない生活を望む祈りにも似た作品となっています。(DVD解説より)
心が痛くなるような出来事が多い今の時代に、マミンカもなるべく多くの人々にこの作品を観てほしいと思います。


category音楽

イル・ディーボのワールドカップ決勝戦前のパフォーマンス

trackback0  comment1
マミンカとしては、日本が予選リーグで敗退してからは、もはや終わったも同然のワールドカップではありましたが、イタリアがフランスを破って優勝し、とうとう閉幕してしまいました。決勝戦は、早起きは無理ということで、観ずじまいでしので、またしても、キックオフ前のトニ・ブラクストンとイル・ディーボの熱唱を聞き逃してしまいました。

でも、開会式後のパフォーマンスの映像が観られたあのサイトを開いたら、決勝戦前のコンサートの映像もばっちり入手できましたので、イル・ディーボファンのみなさんは、是非観てくださいね。


http://www.youtube.com/watch?v=Q8mAex5jHG4&search=il%20divo%20final%20


category音楽

イル・ディ-ボのワールドカップでの晴れ姿

trackback0  comment1
皆さん、ワールドカップの開会式は観ましたか?マミンカは、眠い目をこすりながら、開会式を観ていたものの、肝心のイル・ディーボが出てこないので、ドイツ-コスタリカ戦の前にあきらめて寝てしまいました

ところが、小泉首相がイル・ディーボの歌を開会式で楽しんだとのニュースで、ドイツ―コストリカの試合直前のパフォーマンスで彼らが歌を披露したと知り、がっくりしていたところ、インターネットでこの映像をゲットしました。皆さんにも、この映像を観て欲しいので、是非このサイトをチェックしてみてくださいね↓↓。イル・ディーボとトニ・ブラクストンの「The Time of Our Lives」の共演が感動ものです。


http://www.youtube.com/watch?v=HFwn5t4lSOc
category音楽

ワールドカップ前に是非紹介しておきたいゴージャスなオペラ・バンド

trackback0  comment0
日本へ帰国後、CDショップに出掛け、クラシックコーナーを見たら、やはり彼らのCDがありました。彼らとは、2004年にデビューし、人気急上昇中の美形ぞろいのオペラティック・バンド「IL DIVO」です。「IL DIVO」とは、イタリア語で男性版ディーヴァ(歌姫)の意味だそうです。

マミンカは、このグループのことは、去年NHKの「英語でしゃべらナイト」で知り、すぐにプラハのCDショップに買いに走りました。

以前から、サラ・ブライトマンや、アンドレア・ボチェリ、ジョシュ・グローバンなど、クラシックと他ジャンルの音楽をクロスオーバーさせたクラシカル・クロスオーバーという音楽ジャンルに、はまっていたので、マミンカは、まさに彼らの歌声を聴いたとき、虜になってしまいました。以前に紹介した「AMICI」とともに、愛聴しています。

メンバーは、2年かけて世界中から集められたアーティストだそうで、スイス、アメリカ、フランス、スペイン出身の4人のうち、3人は、クラシックの教育を正式に受けていて、オペラやミュージカルの実績もあります。彼らのトレードマークはアルマーニのスーツと赤いバラ。

今年に入ってから、オーストリアのウィーンや、スペインのバルセロナの街角で、彼らのコンサートツアーのポスターを見かけ、ものすごく行きたかったのですが(こんなにコンサートに行きたいと思ったのは、坂本龍一以来)、帰国となり、夢は叶いませんでした。そこで、スペインで行われたライブの収められたDVDを先日購入し、あきらめたのでした。

2006年6月9日、ドイツのミュンヘンで開催されるワールドカップの開会式で、彼らの歌声が全世界に流れるそうなので、今からとっても楽しみです。

オペラバンド

左がデビュー作、右が最新作(バルセロナでgetしました)です。日本版は、DVD付なので、日本で買えばよかったです。

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。