categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category雑貨

オールドノリタケの里帰りコレクション

trackback0  comment3
先回、オールドノリカケの魅力について書いてみましたが、その後も素敵な出会いがありましたので紹介させてくださいね。

マミンカは、アールデコが好みなので、主に1920年代にアメリカなどへ輸出されたオールドノリタケを探してきました。オークションに出品されていた膨大なコレクションの中で、ラスター彩が美しく施された逸品が意外にもリーズナブルな価格で落札でき、日本へ里帰りさせることができました。

今回落札したこれらのコレクションの裏印は、どれもM-JAPAN印が使われているので、1918年から1941年にアメリカ向けに輸出されたものと思われます。

コレクション

どれも鮮やかなオレンジ色が特徴的で、ラスター彩がその美しさをひきたたせています。取っ手がついたサンドイッチプレートには、つばめや田園風景がアールデコスタイルにデフォルメされていて、そのアールデコらしからぬ素朴なデザインに強く惹かれました。

裏印については、こちらのHPを参考にさせていただきました。
オールドノリタケ 裏印

書籍にもなった「華麗なるオールドノリタケの世界」のHPはこちら。
http://www.old-noritake.sakura.ne.jp/
スポンサーサイト
category雑貨

神戸・チェドックザッカストアへ行ってきました

trackback0  comment0
先週は、日本中が皆既日食で盛り上がりましたね。マミンカは、一時帰国中だった夫を見送りに空港にいたのに、うっかり欠けていく太陽をチェックするのを忘れてしまいました。仕方がないので26年後の日食に期待することにします。

ところで、先週の3連休中に、マミンカ一家は本当に久しぶりに神戸に出かけました。、今回は初めて淡路島へ足を延ばし、大阪の「チャルカ」、東京の「ano」とともに以前から気になっていた神戸の「チェドックザッカストア」に行ってきました。

淡路島は、ウエストンホテルのスパ目当てで出かけましたが、今まで体験したドイツのバーデンバーデン、オーストリアのバーデンなどのスパとは比べ物にならないもので、少々がっかり。

神戸の街は、震災後初めて訪れたので、その変貌ぶりに改めて驚かされました。今回は、初めてロープウェーに乗り、神戸布引ハーブ園を散策してきました。うぐいすの鳴き声もすがすがしく、絶景を眺められて大満足でした。

ハーブ園からの絶景
夜景ならもっとステキでしょうね。

神戸は、中華、神戸牛、スイーツと美味しいものの宝庫ですよね。
今回は、飲茶をトアロードの「香港茶楼」で、スイーツは、北野の「イグレックプリュス」、三宮の「パティスリートゥーストゥース」(日本語名なら妙なネーミングですよね)、そして以前から大好きな「エスプリ ドゥ フーケ」で味わってきました。草食系のマミンカは、夫とメルンカが注文した神戸牛のステーキを一切れだけもらって食べてみましたが、本当にやわらかかくてジューシーでした。

フーケ
創業38年のフーケが新展開する「エスプリ・ドゥ・フーケ」でいただいたケーキ。この季節限定のケーキも美味でしたが、以前に「カフェ・ド・フーケ」で注文したケーキと、添えられていたソフトクリームの美味しさは今でも忘れられません。

そして「チェドックザッカストア」。南京町からちょっと離れた雑貨店や個性的なブティックが集まるエリアの小さなビルの二階にありました。チェコやドイツの懐かしい雑貨、切手、食器、本が所狭しと並んでいて思わず興奮してしまいました。最近、東京に出店した二号店に出張中とのことでオーナーは不在でしたが、オーナーが執筆された本「チェコへ、絵本を探しに」も並んでいました。

外観

ガラス器

チェドックザッカストア(CEDOK zakka store)
神戸市中央区栄町通1-1-11 2F
13:00~20:00
078-393-3822

買ったもの
今回、チェドックではドイツ製のミルクピッチャー、「ツックル」(CUKR)の卓上カレンダー、チェコのマッチラベルを買ってきました。


神戸は異人館が立ち並ぶ北野や、洗練されたブティックが軒を連ねる旧居留地あたりもステキですが、トアロードの西側のエリア、「チェドックザッカストア」などの個性的な店が点在する栄町あたりも注目です。

これからのマミンカの楽しみは、INAXギャラリーで9月4日から開催される「チェコのキュビズム建築とデザイン1911~1925展」。もう本はギャラリーでゲットしてきたので予習(?)して出かけようと思っています。

INAXギャラリー

それから何といっても、ウィーンやチェコ(残念ながらプラハはパス)で撮影中(?)の「のだめカンタービレ」の映画が楽しみですね。早く観てみたいです。
category雑貨

世界的流行(?)のボヘミアンファッション

trackback1  comment2
2007年9月にD&Gが発表した2008年春夏ミラノコレクションで火がついた(?)といわれるボへミアンファッションが日本でも大流行していて、メルンカも先日フォークロアテイストのカットソーを購入しました。

D&G2008年春夏コレクション

そもそもボヘミアとは、チェコの西部から中部の地域のことなんですが、ボヘミアンファッションをネットで調べたら、今だにチェコスロバキアの地方に由来すると書いてあるんです。(実は1993年1月にチェコスロバキアは、チェコとスロバキアに解体されました)やはり、チェコの知名度って日本ではまだまだ低いのでしょうか。

解説によると、「ボヘミアンは、ボヘミア地方の民族衣装や、自由放浪なジプシーの要素を持つファッションスタイルで、ジプシーのフランメンコ衣装なども、そのひとつ。ボヘミアンは、ぺザント(農婦)、フォークロア(民族的な)、ロマンティック(詩的な)など、ヨーロッパの民族衣装をイメージしたデザインを表現する言い回しのひとつといえる。フェミニンなレースのロマンティックな上下にウエスタンブーツを合わせるというコーディネートなど、意外な組み合わせが新鮮な印象を与えるファッションスタイル。」だそうです。

チェコの民族衣装は、ボヘミア地方よりも、チェコ東部のモラビア地方の方が色鮮やかで、モラビアのフォークロアアールヌーボースタイルの建築にも民族衣装のような装飾が施されています。
マミンカは、こんな衣装が気に入っています。

民族衣装
黒を基調とするデザインは、モラビア地方のイースターエッグにも使われています。

マミンカは、残念ながら行けなかったのですが、チェコ東部の町で世界的なフォークロアフェスティバルが開かれているんですね。今年のスケジュールがわかったので、お知らせしておきます。

チェコのフォークロアフェスティバル


後は、マミンカの民族衣装コレクションを紹介させてくださいね。
fdc
民族衣装のFDCです。

服
今回メルンカが購入したカットソーの上に寝ている子は、プラハのスミホフ(Smichov)地区の民族衣装を着ているんですよ。

絵本
この古い絵本は、スメタナの「売られた花嫁」のオペラの台本で、M.F.K.(M.Fischerova Kvechova)のイラストが本当に素敵で、文章はまるで理解できなくても、ついうっとりと眺めてしまいます。

売られた花嫁

category雑貨

三越の雑貨ショップフェスタへ行ってきました

trackback0  comment2
今日は、メルンカと一緒に名古屋三越で開催中の「雑貨ショップフェスタ」に出かけました。お目当ては、以前マミンカ一家が訪れた大阪の「チャルカ」と、チェコの絵本を扱う神戸の「チェドック」のコーナー。
「チャルカ」には、おなじみの温かみのある東欧雑貨がきちんと並べられ、店長さんと少しだけお話もできました。5月には、また買い付けに行かれるとのこと。うらやましいです。

雑貨

皿
東欧の食器が並べられたコーナー。


一方、壁際にずらりとチェコの絵本が並べられた「チェドック」のコーナーでは、店長さんから買い付け秘話が聞けました。ガラスのショーケースに並べられた本たちに目をやると、THIS ISシリーズで有名な、サセックがイラストを手かげた初期の本(チェコ語)があったり、イジートゥルンカの「こえにだしてよみましょう」の新品のような本がありました。
きっと、バナナ用のダンボール箱にぎっしりと詰め込まれて運ばれてきたであろう絵本たちを、いつまでも眺めていたい気持ちになりました。

プラハの街角で時々見かけた国営旅行社「CEDOK」がどうして店名になったのか以前から気になっていましたが、今日は聞きそびれてしまいました。

雑貨
「チェドック」のコーナーには、日常使いできそうな食器も並んでいました。

本
神戸の店舗には何と800冊も絵本の在庫があるそうです。いつかお店にお邪魔してみたいです。

CEDOK
http://www.cedok.org/
category雑貨

東欧雑貨&カフェ「チャルカ」へ行ってきました。

trackback0  comment1
東欧雑貨ファンのバイブルともいえる「チャルカの東欧雑貨買い付け旅日記」という本があります。この著者が開いている東欧雑貨店「チャルカ」へ出かけることも、今回の大阪ツアーの大きな目的でした。

地下鉄・長堀鶴見緑地線の「西大橋」駅から、徒歩で約5分の場所にその店はありました。店全体に、手作りの暖かい雰囲気があふれ、右手のカフェスペースは、まるで誰かのお宅にお邪魔しているような心地よさがありました。

マミンカ一家が訪れた時は、ハンガリーのおばあちゃんたちが着ているようなエプロンがたくさん並んでいて、スタッフの皆さんも素敵に着こなしていました。
マミンカは、チャルカの最新刊で、チェコのガラスボタンについてつづられた「りんごの木の村で」と、チェコっぽいハンカチ、ハンガリーの刺繍切手などを買ってきました。

チャルカは、年に2回、東欧雑貨買出しツアーも企画しているそうで、5月のツアーはすでに満員とのこと。マミンカも荷物持ちでもいいから、連れて行ってほしいです。


店頭
チャルカでは、エプロンまつり開催中。

コラーチ
チェコのお菓子屋さんでよく見かけた、コラーチ。美味しかった。

文具
チェコの文具や、切手も並んでいました。

チャルカのHPはこちら。
http://www.charkha.net/index.php
New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。