categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryアート

チェコのアーティストが英国の2階建てバスをアスリートへ変身させる!?

trackback0  comment0
ついに、ロンドンオリンピックが開幕しました。開会式は、ジェームス・ボンドとエリザベス女王の共演や、選手入場時のBGMなど、英国らしい演出が満載でした。今回のオリンピックでも数えきれないドラマが繰り広げられるのでしょうね。

先日、ネットの海外ニュースを検索していたら、「チェコのアーティストが、英国の2階建てバスをアスリートへ変身させる」なんていう記事を見つけました。

そのアーテイストとは、その作品から出ている不気味な手足からマミンカが予想したとおり、チェコを中心に奇抜でPOPなアート作品を発表している鬼才David Cernyでした。

腕立て伏せするダブルデッカー 小


記事によると、「真っ赤な車体から不気味に伸びた2本の腕。スイッチを入れると、バスが腕立て伏せを始めた。さらに腕立て伏せの最中には、録音された男性の生々しいうめき声も聞こえてくるほど徹底した仕上がりになっている。Cerny氏は1957年製の2階建てバスを買い取り、電気エンジンやサスペンション機器を使って作り上げたとのこと。目的は五輪開催を祝福するためで、腕立て伏せは世界中のスポーツマンにとって共通するトレーニングだから。ただし、腕立て伏せは体罰でもあることから、皮肉もこめているとのこと。」毒のある作品を作り出してきた彼らしいコメントのような気もします。

このバスはオリンピック開催中、チェコのオリンピックハウスが置かれるIslingtonに設置され、腕立て伏せを披露する予定だそうです。この作品によって、チェコの選手の士気が高まるかどうかはわかりませんが、とにかく彼の奇想天外な発想には脱帽です。

詳しくはこちらから。
RADIO PRAHA

Cerny氏がプラハで手がけた作品で、マミンカが真っ先に思い浮かべるのが、Husova通りにある「ぶら下がる男」。
これは、プラハ中心街にあるテスコから北に5分ほど歩いて空を見上げると見ることができます。

さがるぶら下がる男 小

そして、マラーストラナの「カフカミュージム」(FRANZ KAFKA MUSEUM)中庭に設置された「放尿する男たち」(2004年)。
この作品は、今回の2階建てバスのように、とてもリアルに動くので、恥ずかしながらつい見入ってしまいます(?)。ちなみに、二人が立っている水たまりは、チェコの国の形を表しています。なんでも、二人の前でSMSを送ると、その二人がそのメッセージを水に放尿して書くそうなんですが、本当なんでしょうか?

男たち 小

そして、極めつけは「テレビ塔を上る赤ちゃんたち」(2000年)
遠くから見るとただの黒い点のように見えるのですが、いざ塔を上る赤ちゃんのオブジェを目の当たりにすると、あまりにもミスマッチなので唖然としてしまいます。

baby 小


次に、ヴァーツラフ広場からつながっているルチェナ(Lucerna)パサージュの中にある「ぶら下がる馬にまたがる聖ヴァーツラフ像」。この奇妙な像が、アールヌーボー様式のクラシカルな空間に溶け込んでいるのが何とも不思議なんです。

馬 小


2009年には、カンパ島の「カンパミュージアム」(Muziamu Kampa)の敷地内にも巨大な赤ちゃんを作り出していました。

カンパ 小

これまで彼が手がけた作品を調べていたら、ロシアの戦車をピンクに塗ってブルタバ川に浮かべてみたり、巨大な銃を空中からつるしてみたり、いろいろやらかしていたようです。他の都市ではあまり見られない、超個性的な作品をプラハで是非チェックしてみてください。

スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。