categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryカフェ

名古屋・大須「珈琲ぶりこ」のカリモクの椅子とヨゼフ・ホフマンの椅子

trackback0  comment2
桜がちらほら咲き始めた今日、マミンカはメルンカと、名古屋の名駅、栄に次ぐ繁華街の大須巡りに出かけました。
目的は、この半年くらい前から気になっていた大須にある町屋カフェ「珈琲ぶりこ」の名物ともいえる、カリモクのヴィンテージの椅子に座ってスイーツをいただくこと。この「ぶりこ」は、名古屋のタウン誌などでもすっかりおなじみのカフェとなっていることから、予想通りほぼ満席でしたが、運よく二階の角の席に落ち着くことができました。

憧れのカリモクのチェアは年代物なので、一度座ると立ち上がるのがちょと難しいようなヘタリ感はありましたが、やっぱりいい味が出ていて、先日スゥさんがコメントしてくださったように、マミンカも子どもの頃遊んだ「リカちゃんハウス」に入っていた、あのグリーンの椅子を思い出しました。

リカ
これが、マミンカが子どもの頃遊んだリカちゃんハウスの写真。椅子の色がカリモクの椅子とそっくりだと思いませんか?

リカちゃんのHP

本日注文したスイーツは、「抹茶パフェ」で、大きめのグラスに盛り付けられたアイスクリームや抹茶のシフォンケーキやチーズケーキなどがかなり、ボリューミーでした。少々クリームが重かったので、次回はソフトドリンクをオーダーしてみようと思います。

椅子
憧れの(?)カリモクのヴィンテージチェア。マミンカは、後ろの窓にレトロな柄のカーテンでもつけたらもっと素敵になるのにと残念でした。

パフェ
これが、「抹茶パフェ」

珈琲ぶりこ

カリモクが気になって、いろいろ調べてみたら、日本で1950~60年代に作られたものにスポットを当てて、 60VISION構想が立ち上がっているようです。その中で2002年に「カリモク60」と名づけたブランドが生まれ、復刻版が生産されているとのこと。マミンカが今日座った椅子も生産されているようで、いつか部屋のスペースとお金に余裕ができたら、手に入れたいと思うのですが。

カリモク60
これが、「ぶりこ」にあった椅子の復刻版「カリモク60」です。

60VISIONについて気になったらこちらへ。
60VISION


ところで、椅子つながりで、ウィーン分離派を創設したチェコ出身のヨゼフ・ホフマンを思い出しました。プラハの「市民会館」の展示や、「キュビズム博物館」で彼が手がけた椅子を見たのですが、ホフマンの椅子は岐阜県高山市の飛騨高山美術館にも展示されているんです。チェコで暮らす前にその美術館を訪れた時は、気にも留めなかったんですが、今ではウィーンのとあるインテリア&アンティークショップで売られていたミニチュアのホフマンの椅子を買っておけばよかったと後悔しています。

日本でもホフマンの椅子の復刻版は手に入るようですが、こちらはかなり予算がオーバーしてしまいそうです。
大塚家具デザイナーズコレクション

飛騨高山美術館 ウィーンの部屋

スポンサーサイト
categoryカフェ

ジョンレノンの壁の隣のカフェ・「ジョンとジョージ」

trackback0  comment5
プラハを離れて半年以上過ぎましたが、今でも時々プラハの街並みが頭をよぎって、一瞬プラハにいるのか、日本にいるのかわからなくなることがあります。中でも、マラストラナや、カンパパークは大好きな場所だったので、夢ではよく訪れるんです。

そんなマミンカの思い入れの深いカンパパークに、素敵なカフェができたとプラハの友人が知らせてくれました。

そのカフェは、「ジョンレノンの壁」の隣にあるロマネスク建築の中にあり、その名も「john & george」。観光スポットから、少し離れているせいか、それほど混んでいなくて、スタッフのサービスもさりげなくて心地よいそうです。

レノンの壁


http://www.ururun.com/ジョンのカフェと壁
カフェは壁のすぐ隣です。

カフェの内部
とても暖かい雰囲気の店内。マミンカも長居して、友人宛にカードなどを書いてみたいものです。

カフェ・john & george のHPです。
http://www.johngeorge.cz/john&george_en.htm

この近くのフランス大使館は、映画「アマデウス」の撮影に使われたと聞いたことがあります。また、目と鼻の先には、ベートーベンが滞在した建物「ベートーベンハウス」もあります。

先日、「世界ウルウン滞在記」で、俳優安部サダヲさんが、プラハでアニメーション作りの修行をしていました。残念ながら、美しいプラハの街並みはチラッとしか映りませんでしたが、アニメ職人の心意気を垣間見ることができました。

「世界ウルルン滞在記」のHPはこちら。
categoryカフェ

テスコ近くの、インテリアが素敵なクレープ屋さん

trackback0  comment1
いつも通っている道をちょっとわき道へ入った時などに、意外な発見をすることがありますよね。今日は、そんな風にしてマミンカが見つけたクレープ屋「CREPERIE AUX CLOCHETTES」を紹介しますね。

この店は、プラハの街の中心にあるスーパー・テスコ(TESCO)からヴァーツラフ広場に向かって歩くと、右側にある小さな中庭の一角にあります。中庭の入り口には、そのクレープ屋やワインレストランの店内の写真がショーウィンドーに飾ってあるのですが、それらの店がそこにあるとは思いもせず、いつも通り過ぎていました。ある日、その中庭に足を踏み入れると、時々のぞいていた書店の裏側が見えて、その並びにかわいい外観のクレープ屋があるのに気がつきました。

後日、メルンカとヤブルコを連れて出かけたら、たくさんのベルが天井や、窓辺に飾られ、パリにある雑貨屋のような雰囲気のお洒落な店だったので、感激。メニューはと見ると、お惣菜系と、デザート系のクレープがずらりと並んでいました。あの時は、確かフルーツとアイスがのったクレープを注文しましたが、甘すぎず日本人の私たちの口にとても合いました。その後、ランチタイムにはスープや、ハムと卵を使ったクレープもいただきましたが、とても美味しかったですよ。

このあたりを通ることがあったら、ちょっと思い出して、是非入ってみてください。

中庭

クリスマスシーズンの美しい中庭です。

店内

店内は、ベルのコレクションが飾られたり、壁もトールペイント風に描かれて雑貨屋のような雰囲気です。

ポスター
こんなポスターが店先にあるはずです。

◆「CREPERIE AUX CLOCHETTES」
住所 : Nardoni 37/38 プラハ1区

categoryカフェ

1950年代のインテリアが素敵なカフェ「カーバ・カヴァールナ」

trackback0  comment0
プラハのアンティークショップでは、よく1890年代から1930年代のアンティークが売られているのを、よく見かけますが、今回ご紹介するカフェ「Kaaba Kavarna」には、オーナーの「1958年頃のブリュッセル・スタイルのカフェを開きたい」という思いから、オーナーがチェコ中から集めた50年代の家具が置かれています。
パステルカラーでまとめられた店内に、その様々な椅子や、テーブルがしっくりと溶け込んで、とてもくつろげます。
インテリアに興味がある方は、是非一度訪れてみてください。カプチーノの味も絶品でしたよ。
ナムスティミルの近くのイタリア通りと、マネソヴァ通りの交わる角にあります。住所は、Manesova20 プラハ2区。営業時間は、朝8時~夜10時。
外観
渋谷の裏道にあるような?カフェ。
内装
ひとつ貰っていきたいようなアンティークの置物がずらり。
インテリア
このカフェは、プラハのカフェの中では、異色の存在かもしれませんね。

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

categoryカフェ

新世界通りの隠れ家のようなホテルのカフェ

trackback0  comment2
マミンカの最も好きな場所である新世界通りに、隠れ家のような小さなホテル「U raka(チェコ語で蟹という意味)」があります。一見、普通の小屋のように見えるので、これがホテルだと気づく人はまず、少ないと思います。そのホテルにカフェがあることは知っていましたが、まだ行ってなかったので、わざわざ予約までして出掛けました。予約が必要なのは、テーブルが三つしかないためです。

このカフェに行ってみて感じたのは、従業員の対応のまずさです。先日、カフェに入りたいと尋ねたときは、ホテルの顧客で満員だから、出直すよう言われたので後で行って見たら、また門前払い。マミンカは、カチンときたので、今朝は電話で予約を入れました。
予約の時間に出掛け、店内のインテリアがあまり素敵だったので、写真を撮っていたら、撮らないように言われました。他に誰もお客がいないのにです。
テーブルの上だけなら撮ってもいいかと訪ねたら、それでもNOと言われました。「写真ならウエブサイトにある」と、名刺を渡されました。

もうひとつ、プラハのカフェについて思うことは、BGMがダメ。結構雰囲気のいいカフェでさえ、ラジオを流しているだけというところが多いのです。マミンカが通い詰めている「カフェ・サボイ」は、ジャズや、シャンソンなどが流れていて、音楽も楽しめるのに。

何となく落ち着かない雰囲気でアップルケーキとカプチーノをいただいてきました。でも、山小屋風のこんなホテルは、プラハではおそらくここだけにしかないので、紹介しておきます。

住所は、Cerninska 10 プラハ1区です。電話番号は420-220-511-100。
ウエブサイトのアドレスは、http://www.romantikhotel-uraka.cz/  です。
外観
山小屋風のロマンティックな外観
店内
撮影禁止と言われたものの、あまりインテリアが素敵なので隠し撮りしてしまいました。
ホテル
ホテルの中は、こんな感じでした。
New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。