categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category旅行

どこかマラーストラナを彷彿とさせる山口県の萩

trackback0  comment0
先週末の大荒れの天候の中、マミンカ一家は山口県の萩に出かけました。
名古屋から新幹線で約3時間。新幹線が停車する駅前とは思えないひっそりとした新山口駅を後にして、レンタカーで峠を越えて萩へ向いました。地方へ出かけると、車も人も少なく、時間がゆったりと流れているので、久々にゆったりとした時間を過ごすことができました。

萩は、毛利輝元が築いた城下町で、その武家屋敷と商人の住まいが残っています。明治時代に武家屋敷が山口へ移った後、土塀は残されて屋敷跡地には夏みかんが植えられたことから、町のあちこちに夏みかんの木が見られ、今は白やピンクの梅の花も咲きかけていました。往時の町並みが残っていることから、古地図を片手に散策もできるそうで、素晴らしいことだと感動してしまいました。

今回訪れた場所の中で、マミンカが気にいったのは、江戸時代に立てられた屋敷を大正時代に増築したというギャラリー&カフェ「くるま宿ギャラリー天十平」。庭に面した引き戸から縁側を伝って奥に入っていくと、大正ロマンただよう洋間があり、そこがカフェになっていました。お庭を眺めながらいただいたスコーンと、ポットで出された紅茶は格別でした。

天十平
天十平の入り口に残る門。

カフェ
天十平の出窓がある客室がカフェになっています。

萩藩の御用達を勤めた豪商「菊屋家」のお屋敷も圧巻でした。庭園の中央に籠石が置かれ、VIPはそこで籠を降り、庭の敷石を伝って大きな縁側から家の中に入ったそうです。ふだんなかなか中を見られない、蔵も見学できました。屋敷の前の菊屋横町は「日本の道100選」に選ばれたことだけあって、ほれぼれする通りでした。

日本の道100選
日本の道100選に認定されている菊屋横丁。

菊屋家の向かいに建つ「旧久保田家住宅」は、シルバーガイドさん曰く「冷房完備」の冷え冷えするお屋敷でしたが、明治時代には萩を訪れた名士の宿所であったほどの格式を感じさせる建物でした。現在は、江戸時代から伝わるお雛様が数多く展示されていました。当時の面長な雛の顔がちょっとユーモラスでした。「旧久保田家住宅」は映画「長州ファイブ」のロケにも使われたそうです。
雛
享保時代に作られた雛人形。

このほか、興味深かったのは、松陰神社の境内に残る松下村塾(しょうかそんじゅく)。吉田松陰の叔父の玉木文之進が開き、1857年に松陰が引き継いだもので、高杉晋作や伊藤博文などが学んだ歴史的にも重要な場所らしいのですが、10畳と8畳の間があるだけの質素な建物で、とてもそんな偉人たちが学んだとはにわかに信じがたいものでした。松陰神社は学業の神としても有名らしいので、メルンカとヤブルコにはお守りを買いました。

塾
ここが松下村塾です。

最後にもうひとつ、マミンカの一押しのスポットはずばり「萩博物館」です。ここは、大野毛利家上屋敷跡にある博物館で、館内には大画面で萩を紹介する「展示劇」、地元で生まれ育った高杉晋作の資料室などがあり、ここでもシルバーガイドさんが熱く語ってくれました。
この博物館の中にあるレストランは夏みかんの木が植えられた庭をながめながら美味しいランチが楽しめるので、お勧めです。

レストラン
萩博物館にあるレストラン。

みやげ
今回の萩旅行で買い求めたおみやげたち。この季節ゆず茶は温まります。
スポンサーサイト
category旅行

東京・渋谷のチェコ的カフェ「ano」へ行って来ました。

trackback0  comment0
先週末、マミンカ一家は、東京見物に出かけました。マミンカにとっては、まさに20年振りの東京だったので、あまりの変化に驚きっぱなしでした。以前、大好きなレトロ建築巡りに訪れた銀座や、原宿も生まれ変わった新しい街といった印象でした。
さて、今回は浅草、渋谷、銀座、六本木、青山、表参道、原宿と正統派「お上りさんコース」でしたが、大事な目的は、以前チェコつながりで見つけた渋谷のカフェ「ano」(チェコ語でYESという意味)へ出かけることだったんです。

このカフェは、渋谷駅から徒歩で8分。「キャットストリートから渋谷教育学園の坂を上がって200メートル右側」にあって、渋谷駅近くの喧騒がまるで嘘のような静かな場所にありました。

店長さんはチェコアニメ好きが高じて、本場チェコ料理が出せるカフェを作ろうと思い立ち、築40年の洋館を改装してこのカフェを始めたということでした。レトロな雰囲気に、古い家具がとても似合ってました。

昼間は、カフェタイムということでチェコ料理は注文できないそうですが、ディナータイムには、チェコ人シェフによる本格チェコ料理が楽しめるとのことでした。

店内には、委託販売しているという「あやつり人形」が飾られ、木のおもちゃや、ヤン・シュヴァンクマイエルの映画のポスターなどを見ていたら、しばしプラハのカフェでくつろいでいるかのような気分になりました。

お近くにお住まいの方は、渋谷に出かけたら、是非このカフェまで足を延ばしてみてくださいね。

外観
普通の家のようなたたずまいが、いい雰囲気です。

看板
かわいい猫の看板が出迎えてくれます。

木のおもちゃ
足ぶらぶら人形や、遊べる木のおもちゃ、爪やすりなども置かれていました。

お菓子
マミンカが注文したチェコ風ケーキ。甘みを抑えたケーキとホイップクリームがよくマッチしていました。

カフェano
東京都渋谷区渋谷1-20-3
TEL : 
03-5467-0861
web : http://www.ufpress.jp/cafeano/

チェコアニメ上映会や、音楽ライブ、チェコ料理講習会などが行われていて、5月からはCAFE-NGLISHという、英会話教室も開かれるようです。

category旅行

ガウディの建築に魅せられたバルセロナ旅行

trackback0  comment1
建築を志す人はもとより、建物が好きな人たちにとっては、スペインのバルセロナは憧れの地ですよね。日本への帰国を直前にして、ついに念願のバルセロナ旅行が実現しました。スペインの空港から街中へ向かう途中には、サボテンが、そしてコロンブスの像が目に飛び込んできました。この日、プラハには雪が残っていたのに、バルセロナは気温が13度を超えていて、桜やれんぎょうも咲いていて、ヨーロッパの春を少しだけ楽しむことができました。滞在したホテルは、ガウディの設計したグエル邸の前でしたが、残念ながら現在は修復中で見学はかないませんでした。
今回、訪れたガウディの建築について、少し紹介させてくださいね。

まず、美しいタイルの装飾が施された「カサ・バトリョ」。壁面には、ガラス工場から出た不良品のガラス、セラミックが多様され、光の加減でこの館のテーマでもある海の水面のように乱反射して、夜景が特に美しいです。二階へ上がると、大きな窓にモダンなステンドグラスが施され、絶好の撮影スポットになっています。屋上のユニークな塔のならんだ庭もガウディらしく、不思議な空間を作り出しています。カサ・バトリョ夜景
昼間とはまるで違う姿を見せるカサ・バトリョ。

ステンドグラス
丸いモチーフが印象的なステンドグラスが施された大きな窓。

世界遺産に指定されたいるカサ・ミラは、二つの中庭がある、相当大きな建築物です。まず、エスカレーターで屋上までのぼり、前衛的な舞台芸術のような仮面をかぶった像が立ち並ぶ空中庭園を散策しました。マミンカは、内部に保存された子供部屋や、寝室が気に入りました。どの部屋も、まるでアンティークショップのようで、ドールハウス、レース、おもちゃなどが無造作に飾られていました。

カサ・ミラ


屋上
まるで、舞台芸術のような屋上の空間。

世界唯一の入場料が必要な工事現場といわれる、ご存知「サクラダ・ファミリア」。1882年に着工後、83年からはガウディが携わったこの聖堂は、完成すれば18本の塔が聖堂を囲むといわれています。現在唯一完成している「誕生」のファサード(建物正面)の受胎告知の像の下には、日本人の彫刻家・外尾悦郎氏による奏楽天使の像があります。
マミンカが、この聖堂の塔に上って見た物は、何と果樹園のような風景でした。まさか、この聖堂にこんなにモダンな塔があるとは知りませんでした。聖堂内には、自然からインスパイアされた数々のモチーフが使われていますが、この塔には、果物と思われるオブジェがついていて、驚きでした。
塔の内部の螺旋階段は、アンモナイト、塔が集まった様子をしたから眺めると、木々から木漏れ日を見るようでした。
木漏れ日
木漏れ日がさしているような聖堂内の様子。

螺旋階段
アンモナイトからヒントを得た螺旋階段。


ステンドグラス
どこかモダンなステンドグラス。


果樹園
果物のモチーフが施された不思議な塔。

最後にグエル公園。ここは、坂の上にあるので、最寄の地下鉄の駅のそばからエスカレーターが設置されています。もし、エスカレーターがなかったら、公園に行くのをギブアップする人も相当いると思います。
ここも、くだいたタイルの装飾が見事で、中でも噴水になっているトカゲくんの前には、いつもシャッターチャンスを待つ人で、行列ができています。


エスカレータ
あってよかった。エスカレーター。


回廊のタイル
回廊のタイル装飾。

タイル装飾
砕いたタイルの装飾が施された見晴らし台。

〔テーマ:ヨーロッパジャンル:海外情報

category旅行

ドレスデンの蚤の市

trackback0  comment0
プラハから車で約2時間半のドレスデンで、毎週土曜にエルベ川沿いで蚤の市が開かれていることを知り、先週出かけてみました。プラハには、アンティークショップが結構たくさんあるので、暇を見つけてはのぞいていますが、ドイツではアンティークショップはあまり見かけたことがありません。さぞかし、掘り出しモノが見つかるんだろうと、いそいそ出かけてみたら、軍関係のもの、古いおもちゃ、アンティークボタン、古切手、とお宝ざくざくと言いたかったんですが、中には、やはり、「これってただの小さくなった子供の服だよね」といったようなものを売っているお店もありました。でも、80年くらい前の雑貨店を小さくしたような凝ったおもちゃもあり、マミンカも欲しかったのですが、残念ながら売約済みでした。アンティークボタンと、シンデレラの絵柄のFDCを買ってから、ヒルトンホテル内の日本食レストラン「小倉」でおいしいランチをいただき、ツヴィンガー宮殿内の陶磁器博物館で柿右衛門やマイセンを鑑賞、フラウエン教会前のカフェで休憩してから、帰途につきました。こんな、ドレスデンの過ごし方もお勧めです。
エルベ川沿い
エルベ川沿いの景色
おもちゃ
素敵な雑貨店のおもちゃ
信号

旧東独の信号

〔テーマ:ドイツジャンル:海外情報

category旅行

ベルリンで見かけた可愛い信号のキャラクター

trackback0  comment0
先週末に、大雪の中、チェコとドイツの国境付近の山道を抜け、ベルリンに出かけました。プラハからベルリンに行くには、車でも鉄道でも約5時間かかります。今回は、行きはタクシーをチャーターし、帰りは鉄道を利用しました。以前にNHKのベルリンを紹介する番組で知って、気になっていた信号のキャラクターグッズを見つけることができました。旧東ドイツ側に設置されている信号の絵が、ユーモラスで、これがキャラクターグッズとして売り出されているのです。マミンカは、6月に開幕するサッカーのワールドカップグッズよりも、気にいってしまい、キーホルダーや、ブックマーク、ポストカードを買いました。このグッズが買えるオンリーショップが、ベルリン大聖堂の前を通り過ぎ、シュプレー川を渡ってすぐの場所にあります。店の前に、キャラクターが描かれた自転車が置いてあるので、すぐにわかるはずです。
今回の旅行では、念願の「王妃ネフェルティティ」の胸像も見てきたので、写真を見てくださいね。この胸像が見たい方は、博物館の島の「旧博物館Altes Museum」を訪れてみてください。
赤信号

青信号

店

胸像

土産

〔テーマ:ドイツジャンル:海外情報

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。